menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

介護ソフト「カイポケ」の評価について



大量の介護ソフトが出回っている中、どのソフトを選べばよいか悩んでいる事業者様は多くいらっしゃるのではないかと思います。今回は、弊社が運営するカイポケを実際に導入されている介護事業者様の評価を紹介していますので、介護ソフトを新たに導入する方、変更を予定している方は、是非参考にしてください。

介護ソフト評価

目次

介護ソフトカイポケの総合評価

カイポケは、介護ソフト業界の中でも機能面が充実しているソフトになります。
伝送請求機能、給付管理機能、帳票作成機能、利用者・取引先の情報一括管理機能などを備えています。また、ASP型のため事業所のパソコンが仮になんらかの原因によって故障してもデータが消えることはありません。また、介護報酬改定ごとのバージョンアップ料金も無料かつ、問い合わせによるサポート料金も無料となっており、これらの多機能・高機能を安価にご提供していること、様々なサービス業種に提供していることが、ご好評いただいている要因かと思います。

カイポケの知名度は?

カイポケは、今日の介護ソフト業界では高い知名度を誇っているのではないでしょうか。その背景には、開発元である弊社エス・エム・エスが、介護の求人サイト「カイゴジョブ」などの多角的な運営にも携わっていることも関係しています。

弊社は、カイポケのような介護業界の経営者をサポートするサービスだけでなくカイゴジョブや介護DBなど、介護従事者や利用者に向けたサービスまで介護業界において様々なサービスを展開しています。

カイゴジョブとは、介護・福祉の仕事に特化した求人情報を検索して、そのまま各法人に直接応募が可能な求人サイトです。拠点の東京本社を中心に、全国に支店を設けています。そのため、地域別の介護業界事情にも精通しており、幅広く介護事業をサポートすることが出来るのがエス・エム・エスの特徴です。

料金面での評価

料金面での評価についてですが、先述のように、カイポケは「ない機能がない」と言っても過言ではないほど機能が充実しています。レセプトの作成に関してはもちろんのこと、経費関連では、会計ソフトや税理士の顧問料を削減できるシステム、早期入金サービスなど、資金繰りの安定化が見込める機能も選択できます。

さらに、カイポケには、商圏管理ができるサービスもあります。利用者の獲得や、従業員の確保については通年頭を悩ませる問題かと思いますが、カイポケでは安定的な経営を行うために、開業前に事業所の商圏をしっかり捉える作業をサポートができます。さらに、商圏内調査だけでなく、その分析を行い、将来的な予測までカイポケ商圏調査で行ってくれます。

追加費用無しでカイゴジョブへ求人を掲載できることも大きな特徴です。
前述の通り、個別に利用よりも安価に利用できることからご好評をいただいています。

操作性の評価

一部介護ソフトでは、要求スペックが高く動作が重くなるソフトも見かけます。
しかし、カイポケではパソコン以外にタブレットも操作環境に想定しており、軽い動作が可能です。

タブレットからの利用はメリットが多くあります。例えば訪問看護であれば、利用者の自宅でケアを行ったあと、訪問看護タブレットを使うことでわざわざ事務所に戻らなくても、重いノートパソコンを持ち歩かなくても、その場でケアの内容を記録できます。タブレットを利用することで、事業所に戻ってから転記をする必要がなくなり、残業時間の短縮を図ることが出来ます。

さらに、この訪問看護タブレットは、実績とも連動するので、月末の請求業務も、確認業務だけで済むという利点があります。もちろん、これらの内容もすぐにパソコンのカイポケにも連動するため、事務所の人との情報共有もリアルタイムで可能です。訪問看護タブレット以外にも、ケアマネ用タブレットや、通所リハ用タブレット、デイ用タブレットなど、それぞれの場面に応じた使いやすい機能を充実させており、その操作性にもご好評をいただいています。

機能面での評価

カイポケは、請求業務機能も充実しています。居宅介護のレセプトでは、メニューの流れに従って作業すれば、計画書の作成から介護保険の請求までを一気通貫で入力することが可能です。それぞれのデータも連動しているため、転記などの必要もなく使い勝手がいいものになっています。

居宅介護のレセプト以外にも、通所介護、訪問介護のレセプト、通所リハのレセプト、福祉用具貸与・販売のレセプトなど個々の請求業務も円滑に行うことができるシステムが充実しています。

これ以外にも、先述したような会計ソフト機能や、早期入金サービス、給与計算、マイナンバー管理、運営コストの透明化、空床率の可視化、ホームページ作成など、営業支援面においても、様々な機能が付加されています。特に、高齢者住宅の運営で、入居率を把握することは経営上の最重要事項になっています。カイポケを導入すれば、過去~現在~未来の入居状況を使いやすい形で把握することが出来るため、高齢者住宅の事業主の方の場合にもおすすめの機能が多く備わっています。

サポート面の評価

カイポケは、カスタマーサービスとしての受電率97.3%を誇っています。
他社介護ソフトからの乗り換える際のデータ移行も無料で対応しており、法改正に伴うバージョンアップも無料対応しています。基本的にほとんどの会社で、電話対応サービスは存在していますが、そのヘルプデスクが、介護業務について精通していないと、会話が成り立たなくなり、課題が解決できないケースがあります。介護ソフト選びの際、陥りやすいことは、このサポート面の問題についてです。残念なことに、サポート体制は構築しているが、サポートデスクの教育が行き届いていない会社も点在しているようです。そのため、コミュニケーションスキル、問い合わせ対応スキル、業務課題解決スキルなどが低いヘルプデスクの介護ソフト会社を選んでしまうと、業務の生産性は逆に落ちてしまい、経営がうまくいかないこともあります。

その点、カイポケでは介護業界に裾を広げ、介護業界に精通したヘルプデスクを配置しているため、介護ソフト導入後のサポートを安心してご利用いただけます。このように、サポート面において、データ移行無料、バージョンアップ無料に加え、アフターサービスが行き届いているという点で、利用者から評判が高くなっています。

まとめ

今回、カイポケについての知名度、料金、操作性、機能面、サポート面についての評価について紹介させていただきました。

介護ソフトの選定は、介護事業所を立ち上げる際には運営を左右する大きなポイントになります。その時に、ご自身の事業所がどのような事業所なのか、どのような方向性をもって運営していきたいかによって、選ぶべき介護ソフト会社は違ってくるでしょう。事業者様によっては「出来るだけ安くしたい」「たくさん機能があって使いやすい」「サポートが充実しているほうが安心」など、選ぶ上で重要視するポイントは多々あるはずです。

その点、カイポケは、上記のような、開業まもなく、失敗したくないと思う事業主様にはお薦めできるソフトになっています。介護ソフトは、業界の特徴柄、撤退を余儀なくされるソフト会社も多く存在します。そうなってしまうと、一度選んだ介護ソフトを、改めて導入しなければならず、二度手間になってしまいます。そうならないためにも、経営の安定した介護ソフト会社を選びたいものです。

今回の記事、ご参考になったでしょうか?介護ソフトを導入したいと思っている方、これから介護業界について勉強したいと思っている方に是非お読み頂ければ幸いです。

関連記事

介護ソフト 評価の先頭に戻る