menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

訪問看護ステーションの立ち上げ資金はどのくらい?



訪問看護ステーションを立ち上げたいと思っている看護師・保健師の方。
訪問看護ステーションを立ち上げる際にどのくらいの費用がかかるかをご存知でしょうか?
そして、資金の調達はどのようにお考えでしょうか?

この記事では、訪問看護ステーションを立ち上げる際に用意しておきたい費用や、資金の調達方法について基本的な内容を説明します。
訪問看護ステーション開業の資金面の流れがどのようになるか知りたい方。ぜひご一読下さい。

訪問看護 資金

目次

訪問看護ステーション開設にかかる費用は?

最初に訪問看護ステーションを立ち上げる際に必要な費用を計算してみましょう。

訪問看護ステーションを立ち上げる際には、 厚生労働省令で定められた施設基準・人員基準・運営基準を満たしていないと、指定申請をすることはできません。
すなわち、施設基準を満たした事務所、人員基準を満たすスタッフが指定申請をする以前から必要になります。
それらを加味した上で、開設に必要な費用を見ていきたいと思います。

① 事務所等物品に関わる費用

事務所代金 事務所を借りるのであれば、初期費用と月額費用が必要です。
改修費用 設備基準にある相談室等の基準を満たす必要があります。既存の建物にそのような場所がない場合には、新たに改装して設置する必要があります。
事務物品費用 机・電話・パソコン・カルテ等事務所に必要なものや、名刺・チラシなど自分たちが近隣に挨拶するためのものが必要になります。
医療用品費用 血圧計等の医療物品、スタッフが持ち歩く訪問セット、マスクや手袋・アルコール綿・手指消毒薬等の消耗品、ガーゼ等の衛生材料もある程度必要です。
駐車場代 訪問車両や来客用の駐車場(必要時)が必要です。
車両代 訪問車両が必要になります。
雑費 光熱費・通信費・ガソリン代 等

② 人件費

自分・看護スタッフの給料・・人員基準を満たす必要があるので、最低でも常勤換算2.5人分(管理者、常勤看護師1名、非常勤看護師1名分)の給与を事業が軌道に乗るまでの間分を見越して用意しておく必要があります。

訪問を開始して 介護保険請求を行っても、支払いされるのは2カ月後 になるため、そこまでは収入がないものと考えてください。
また、最初は訪問件数も少なく、軌道に乗るまでは赤字となります。そこまでの給与支払いや家賃、雑費を含めた額を用意しておかなければなりません。

これらのすべてを合わせ、訪問看護ステーションを立ち上げる際に必要な額は 約1,000万円 と、言われています。

訪問看護ステーションを立ち上げようと思っている方は、ある程度の自己資金はお持ちではないかと思います。
しかしながら、全て個人の資産で賄うことは難しい額です。
では、必要な初期投資をどこから調達することができるでしょうか?

訪問看護ステーション開設のための資金調達方法

個人で訪問看護ステーションを立ち上げる際に一番苦労するのは、資金調達の部分ではないかと思います。
個人の事務所には、なかなか融資してもらえないことが多いのが現状です。
個人事業で融資してもらう方法は、下記2種類が一般的 です。

1.付き合いのある銀行や信用金庫から融資を受ける

すでに懇意にしている銀行があるのであれば、そちらで融資を受けることも可能でしょう。
懇意とは、ただ銀行口座を持っているだけではなく、何かしら人脈がある、過去に取引がある状態などを指します。
個人としてはハードルが高い でしょう。

銀行での融資の一般的流れは、
①融資の申し込み→②審査・面談→③契約→④借入という形です。
②の面談は、融資係と行われます。
そこでステーションの収益の見込みやどのように経営を行っていくのかなど、詳しい内容が聞かれます。
資料を作成し、質問に対応できるようにしなければなりません。
銀行によっては女性の起業に対して、保証人が必要なく融資が受けられるサービスがあります。

2.日本政策金融公庫から創業融資を受ける

日本政策金融公庫とは、100%政府出資の政府系金融機関です。
営業実績が乏しいため、資金調達が困難な場合の多い創業企業を積極的に支援する、金融公庫 となります。

創業に対して積極的融資が行われます。融資を受ける方法がWEBサイトに詳しく記載されていますので、参考にご一読なさるのも良いと思います。
また、融資以外にも創業のヒント等の役立つ情報が載っており、介護系創業のポイントも記載されています。

日本政策金融公庫では、各地で創業のためのセミナー等も行っています。
また、女性や若者の企業に対しても積極的で、「女性、若者/シニア起業家支援資金」などの制度を利用することが出来たり、創業のアドバイスも行ってもらえます。

資金調達の際の注意点

銀行や信用金庫、日本政策金融公庫等からの資金調達を成功させるためには、どのような事に注意をすれば良いのでしょうか?
注意点をまとめてみたいと思います。

① 融資希望金額は妥当か?

最初に触れた初期投資の費用や、当面の運営費用等を考えて融資の申し込みをすることになります。
個人資金をどの程度投入し、どこを借り入れした資金で賄うのか、どれだけの額を用意しておくと良いのか、個人での判断では難しいと思われます。
経営についての無料相談やセミナーなどを上手に活用しましょう。

② 事業計画書や収支計画書の内容が説得力あるものになっているか

先ほど銀行での融資の点でも触れましたが、どこに融資の申し込みをしても、必ず審査があります。
審査は、銀行や金融公庫等が、この事業に対して融資をすることで、銀行にとってプラスになるか、リスクはないのかを判断することです。
一般的に面談は融資担当者との面談になります。
事前に事業計画書・収支計画書を提出して、経営の方針や今後の経営状況の推移予測を提示します。

事業計画書は目標ではなく、実際の経営状況予測を作成します。
融資担当者にわかりやすく説明 できるよう、資料は指定のフォーマットに則って作成し、面談に臨む必要があります。

その上でマイナス評価になりそうなことがあっても、 隠すことなく正直に話しておく 必要があります。 銀行からの信頼を得るためには、嘘や誇張をしないことが大切 です。

③ 面談の際の対応

面談では、 起業家であるご自身の人となりも見られている と思ったほうが良いでしょう。
融資担当者には、第一印象から良い印象を持ってもらいたいものです。
そのためには身だしなみは重要です。
起業家として面談を受けることを自覚 して、服装や髪形、メイクなども清潔感があるように気を配りましょう。

また、面談の際には作成した資料を基に色々な質問を受けることになります。
ご自分の作成した資料をきちんと理解し、 質問に的確にこたえられるように しましょう。
質問されたことを、 簡潔にわかりやすく誠実に回答 することがポイントです。

おわりに

訪問看護ステーションを立ち上げる際に必要な資金調達の方法について、注意点を含めて説明させていただきました。
看護に関してはプロであっても、経営に関しては皆さんゼロからのスタートになります。

しかしながら起業の際の様々な交渉も、人を観察し対応する点では看護と同じだと思います。
看護で培われたコミュニケーション能力を活かして 、起業も経営も成功されますことをお祈りしております。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
この記事が参考になったと思われた方、シェアしていただけますと嬉しいです。

関連記事

訪問看護 資金の先頭に戻る