menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

デイサービス(通所介護)にコンサルタント?業務改善ができるサービスのご紹介



デイサービスを運営されている皆様は、日々、より良いサービスの提供、良い人材の確保、安定した経営を続けていくために業務の効率化に取り組んでおられることと思います。

しかしながら、第三者のアドバイスで、これまで気がつかなかった点において、さらに効率化が図れるかもしれません。

また、これからデイサービスを立ち上げようとされている事業者の方にもおすすめです。

デイサービス コンサルタント

目次

デイサービスを運営する上でのリスクとは?

介護事業者がデイサービス(通所介護)を運営していく場合に、どういったことがリスクとなる可能性があるのでしょうか。

建物などのハード面は、建築法や消防法に則って基準をクリアしていれば問題となることは少ないです。

しかし、スタッフによるサービスの質の向上や維持、マネジメントなどソフト面において、うまくいかないことがあります。

① スタッフの採用・育成

介護業界全般に言えることですが、デイサービスでも経験や資格がなくても採用する事業者がたくさんあります。

小規模の施設ほど人員の余裕がなく、見よう見まねで技術を習得し、仕事を覚えていくスタッフもたくさんいます。

しかし、事業者は、事故などが起こらないよう、適切な研修や指導をする必要があります。

特に新人スタッフにおいては、経験者や有資格者に付いて一緒に業務を行わせるなどの実地研修やサポートが大切です。

そのためには、マニュアル作りや、シフトの組み方にも気を付けます。

また、採用時には、経験のない応募者でも、定着しそうな人材や、より良い雰囲気を作り上げてくれそうな人材を意識して採用します。

② 人員や労働管理などのマネジメント

最低限の人員基準でシフトを組んでいるデイサービスが多いと思いますが、時には普段より職員が必要となる場合があります。

その場合は、できる限り早めにスタッフに周知し、事前にシフト調整を行います。

また、残業が多い場合には、どうすれば残業や一部のスタッフにかかる負担を減らしていけるかを考えなくてはなりません。
職員の定着を図るためにも大切なポイントです。

③ 介護職員処遇改善加算について

慢性的な介護職員の不足と、高い離職率の問題を何とかしようという取り組みが行われています。

その中心となるのが、 介護職員処遇改善加算 です。

これは、介護職員の給料を増やすために、基準を満たせば支給されます。

ここでのポイントは「介護職員」の処遇(給料)を改善させるということにあるので、交通費や研修費など、その他の名目に流用することはできません。

給与計算や書類作成が煩わしいので申請しない、という事業者の方もいるかもしれませんが、介護職員が足りない中、少しでも給料の高い求人に流れていくのは当たり前のことです。

介護職員処遇改善加算を利用することで、給与の上乗せや経験・資格・評価の3軸でキャリアアップの仕組みを設けることも重点となります。

デイサービスにおけるコンサルタントとは?

① コンサルタントを利用できる場面

では、前項のデイサービスにおけるリスクが、コンサルタントを利用することでどのように軽減できるかご説明します。

まずは、職員の採用について。実際に採用するとなると、スタッフに提出してもらう書類の他に、事業者側が準備しておかなくてはならない書類も複数あります。

これら書類や帳票が正しく作成されているかのチェックや、効果的なスタッフ募集のアドバイスを受けることができます。

また、常に最低限の人員でシフトを組んでいると、気づかないうちに人員基準を満たしていないことがあり、その場合は介護保険報酬を返還する必要も出てくるため、間違いがないよう確認を行います。

介護職員処遇改善加算の申請は、基準を満たす必要があり、高額な区分ほど厳しい基準となっています。
しかし、支給額が大きいので長期的な視点に立ち、処遇改善加算の取得によりどれ程事業に影響を及ぼすのか、などをコンサルタントに相談すると良いでしょう。

② コンサルタントを利用する際の金額

コンサルタントの利用には、当然費用がかかります。金額には大きな幅があり、事業形態、規模、内容により、数百万、大規模の有料老人ホームのパッケージなどは数千万にのぼることもあります。

逆に、月額数千円ほどのものもあり、その場合には、パッケージに含まれる内容がとても少なかったり、追加料金が発生することもあるので、内容についても、最初によく確認しておく必要があります。

③ コンサルタントに実績はあるか

ホームページを見て、手ごろな価格であっても、実際にこれまでほとんど介護業界においてコンサルティング業務の受注がない事業者の場合には、注意が必要です。

デイサービスのコンサルタントは経営のエキスパートであると同時に、介護保険についてよく理解していることも重要 です。

実績のあるコンサルタントの場合は、介護保険特有のルール、ミスの起こりやすいパターンや、どこに注目すべきかを、これまでの経験によって学んでいるので、的確なアドバイスができます。

まとめ

デイサービス事業へのコンサルティング依頼に際して、料金や実績、サービス内容をチェックして比較されることと思います。カイポケは介護事業所の経営を支援する多くサービスを有していますので、ぜひ無料で体験してみてください。

関連記事

デイサービス コンサルタントの先頭に戻る