menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

介護現場でのレクリエーションをサポートするサービスのご紹介



介護事業者の皆様は、毎日のようにレクリエーションをされていると思います。
利用者さんの年代や身体状態、性別、趣味・・・・考慮したい点は様々で、どのようなレクリエーションをしたらよいのか、悩むことも多いのではないでしょうか?
そして、マンネリ化しないようにレクリエーションを考えるのも、大変だと感じておられるのではないでしょうか?

この記事では、 現場で必要なレクリエーションとはどのようなものかを考え、それをサポートしてくれるサービスについてご紹介したいと思います。
マンネリ化してきたレクリエーションをどうにかしたい!もっと簡単に色々なレクリエーションを探したい!と思われている方、ご参考になさって下さい。

介護 レクリエーション

目次

日々のレクリエーションはどのようにしていますか?

介護におけるレクリエーションとは、利用者の方々が楽しみながら脳や体を動かすことをいいますが、それが行われるのは、デイケア、デイサービスなどの通所系施設や、入所系介護施設が多いと思います。

通所系、入所系共に、実際どのようなレクリエーションをされているでしょうか?


通所系施設の利用者さんは、比較的元気な方が多いのが特徴 です。
そのため、ある程度 体をしっかり動かす体操、みんなで見ても楽しめるカラオケや踊りなどのショー的なもの、頭を使うパズルやクイズ、緻密性のある塗り絵などの脳トレのようなもの を取り入れておられることが多いようです。

季節性のあるイベントや外出イベント も人気があります。
週に数回訪れる方もおられるため、利用状況を見ながら曜日別、日にち別にレクリエーションが作成されるのが一般的です。


入所系施設では、介護度の高い利用者さんが多いのが特徴 です。
そのため、 座ったままで行われるレクリエーションが多くなります。
体操等も比較的ゆっくりとした動きで、身体能力の維持をメインにしたものが多くなります。

また、季節を感じることができるイベントやお出かけイベントなどは、普段なかなか外出の機会がないためとても喜ばれます。
長期の入所の方も多く、レクリエーションの内容がマンネリ化しないような工夫が必要になります。
レクリエーションの曜日が決まっている施設も多く、月別に行われるレクリエーションを考えておられるようです。


それでは、これらの状況を踏まえ、どのようにレクリエーションを企画していけば良いのかを考えてみましょう。

介護現場で行うレクリエーションを企画する際のポイント、注意点とは?

上記の状況からも、レクリエーションを企画する際には、利用者さんの状況や季節にあったものなど、色々な点を考慮して企画しなければならないことがお分かりいただけたと思います。

次に、実際に現場で企画する際のポイントと、その際注意しなければならないことをあげてみたいと思います。

① 利用者さんの状況にあったものか?

ここは、皆様が一番気にされている所ではないかと思います。
利用者さんは性別も、年代も、嗜好も、身体状況も様々 です。
皆様が同時で楽しむことが出来ることもありますが、 個別的な配慮が必要 なことが多いのではないでしょうか?

そして、一番注意しなければならないことは、 安全に配慮 することでしょう。
色々な人に柔軟に対応できるように、 スタッフがレクリエーションの内容を把握 してアレンジしなければなりません。

② マンネリ化していないか?

レクリエーションの企画も、毎日になると大変です。

そして何度も利用される方にとっては、同じような内容が続くとマンネリ化したと思われるのではないか?と、皆様神経を使っておられると思います。
本を買ったり、アイデアを募ったりしても、利用者さんや、事業所の人数にあったレクを探すのはなかなか難しいですよね。

③ 簡単に低費用で出来るアイデアがあるか?

レクリエーションの書籍は数多く出ていますが、高価なものが多く、また、古くなると使えなくなったりアレンジが必要になったりすることがあります。
低予算で考えようとしても、毎回アイデアを出すのも難しいです。

介護現場に合ったレクリエーション選びをサポートしてくれるサービスとは?

上記のようなポイントや注意点を考えながら、レクリエーションの企画をすることは、大変な労力を使います。
ここでは、介護現場に合ったレクリエーション選びをサポートしてくれる、「 カイポケレク支援 」について紹介させていただきます。

「カイポケレク支援」とは、ASP介護ソフトである「カイポケ」をご利用いただいている皆様に 無料 で提供しているレク支援のサイトになります。
塗り絵、カレンダー、間違い探し、クロスワード等25のカテゴリーから選択でき、 1,000種類を超えるレク素材を提供 しています。

使用方法は簡単 で、サイトからダウンロードするのみです。

「カイポケレク支援」について簡単に説明しましたが、実際に先ほどのレクリエーションを企画する際の3つのポイントや注意点を網羅しているのでしょうか?

① 利用者さんの状態にあったものか?

「カイポケレク支援」では、1,000種類を超える素材がカテゴリー別に分類されており、 欲しい内容を簡単に探すことが出来ます。
カテゴリーの中でも、難易度がわかりやすくなっており、個別対応が可能です。

体操等の体を動かすレクリエーションは安全面に配慮しており、なおかつわかりやすいものがアップされています。
実際の流れを動画で見ることが出来るため、レクリエーションを行うスタッフもよく理解した上で行うことが出来ます。
そのため、個別的に安全面で配慮しなければならない点が、事前に想像しやすいため安心です。

② マンネリ化しないか?

常時1000種類以上の素材から選べる「カイポケレク支援」では、 色々なカテゴリー別に様々な素材を選ぶことができるため、マンネリ化を防ぐことが出来ます。

③ 簡単に低費用で出来るアイデアがあるか?

「カイポケレク支援」は、介護ソフト「カイポケ」を利用して下さっている皆様に無料で提供しているサービスです。
介護ソフトを利用する金額で、レクリエーションに対する追加費用がかかりません。
そして、インターネット上からすぐにダウンロードして使用することが可能なため、 今まで企画のために使用していた経費や時間の大幅な削減が可能 です。


いかがでしょうか?
レクリエーションの企画や費用、費やす労力をどうにか改善したいと思っておられる事業者様。
一度「カイポケレク支援」を体験してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回の記事でもお分かりいただけたように、介護現場でのレクリエーションの企画に、皆様色々なことを配慮しながら考えておられ、大変な時間と労力を使っておられることがお分かりいただけたと思います。

今回の記事をご参考になさって、 いままでレクリエーションの企画ために費やしていた時間が少しでも削減でき、介護現場にゆとりが生まれる ことを願っています。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。

関連記事

介護 レクリエーションの先頭に戻る