menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

訪問看護における収支計画書の書き方



訪問看護の開設にあたっては、収支計画書の準備が必要です。収支計画書を書く目的は?書き方は?訪問看護ステーションの開設や経営を成功させたい事業者の皆様のためにポイントをまとめました。ぜひご一読ください。

訪問看護 収支計画

目次

訪問看護の収支計画書を書く目的

訪問看護ステーションを開設するにあたり、なぜ収支計画書を書かなくてはならないのでしょうか?その目的についてご説明します。

経営者として、今後の収支の見通しを立てる

開設すること自体が目的ではなく、経営をして収益をあげることが仕事なので、費用や収益の予測が立てられることは重要な能力です。世間には「福祉で利益をあげるなんて」という意見の人もいますが、どんなに素晴らしい理念を持っていても、心のこもったサービスを提供していても、甘い計画で経営が成り立たなくなれば、事業所の職員にも利用者にもかえって不都合が生じます。シルバーサービス分野の経営者には、一般の人とは少し違った角度から、冷静な視点が求められます。

金融機関に借り入れ、融資の申請をする際に必要

内部留保が潤沢にあれば別ですが、ほとんどの事業所は金融機関を利用して資金調達を行います。その際に、銀行等の融資担当者は事業計画書や収支計画書を見て判断します。融資の申請が下りるためには採算性があり説得力のある計画書でなくてはなりません。

都道府県や市町村に事業者指定申請を送る

サービスを提供して介護保険から報酬を得るには、自治体から訪問看護事業者の指定を受ける必要があります。収支計画書を含めた事業計画書は、その申請書類の1つに含まれているので、これがなければ訪問看護事業を始めることができません。

訪問看護の収支計画書の書き方

では、実際にどのような収支計画書を書いていけばいいか、流れに沿ってご説明します。

①訪問看護ステーションを開設、運営していくにあたって、費用と収益にそれぞれどのようなものが考えられるか洗い出す。

施設を開設する際には、リノベーション費用や備品などの施設代、求人や利用者獲得のための広告費、法人設立時の費用などがかかります。

訪問看護ステーションをスタートさせ、運営していくにあたっては、毎月大体決まった金額になる人件費や家賃などの固定経費の他に、変動のある広告費、備品及び消耗品、光熱費などの経費があります。サービスの提供が始まれば、介護保険の利用者負担分や医療・介護保険報酬などの収入が見込めます。

②売上の計画をたてる。

訪問看護サービスの場合は、基本的には、報酬単価×利用者数×平均の利用時間×サービスを行う日数で見込み額が計算されます。保険外のサービスを提供できる場合は、報酬単価×利用回数で計算します。

③固定経費を計算する。

いわゆる運転資金になります。特に訪問看護事業の場合は、経費の8割近くは人件費にとられるといわれています。看護士や事務スタッフなど、職種ごとに給与額を設定して計算します。

④年間の見込み売上・経費を算出する。

利用者や職員の確保などの関係から、スタート当初は売り上げが少なめになることもあります。1年単位での見込み売り上げと経費を算出し、どのタイミングで損益分岐点があるのかなどを明確にしておきます。

⑤見込み経常利益を算出する。

見込み経常利益とは、売上から税金以外を差し引いた利益のことで、金融機関から借り入れを申し入れる際に重要となります。見込み年間売り上げと経費を、上の①~③から算出し、それらを毎月の収支計画に組み入れます。

⑥資金繰りの計画を立てる。

介護報酬は請求業務を行ってから受け取るまでに2ヶ月のタイムラグが存在します。特に開設当月や翌月などは収入がほとんど見込めないので、当面の資金繰りに関しても計画を立てておくことが重要となります。計画通りにいかなかった場合にも備えて、数か月分の運転資金を確保しておくことが大切です。特に資金調達が必要な場合は、 日本金融政策公庫から融資を受ける などの調達方法も考慮しておきます。

訪問看護の収支計画書を書く際の注意点

ここでは、訪問看護ステーションの収支計画を書いていく際の注意点をまとめてください。

誰が見ても説得力のある収支計画書にすること

金融機関に申請をする際やスタッフと相談する場合、事業者指定申請を出す場合など、複数の人に提示、提出するものです。事業として成り立つような計画になっているか、自身以外が見ても説得力のある現実的な内容にするべきです。

医療保険と介護保険どちらを適用するか

訪問看護ステーションで利用される保険の種類やその割合によって、1回の訪問あたりの収益、利用者負担額が異なります。医療保険と介護保険のどちらを適用するかによって収支計画書の内容が変わります。

看護師の人件費に気をつける

訪問看護ステーションを運営していく場合、かかる費用の大部分は看護師の方に支払う人件費です。資格や経験にもよりますが、地域の相場のようなものもあり、給与が低すぎると希望者が集まらない、高すぎると経営を圧迫するので、事前に相場の調査も必要です。

まとめ

以上のように、収支計画書は訪問看護ステーションをオープンさせるのに不可欠な、重要な書類です。何度も書き直しや変更をしなくても済むように、プロのアドバイスを受けたり、事前によく調査して計画を練っておく必要があります。

関連記事

訪問看護 収支計画の先頭に戻る