menu

0120-227-831

左記の番号が繋がらない方

03-4579-8131

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-227-831

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

【平成30年度改定対応】認知症専門ケア加算とは?その概要と算定条件などを知っておこう

認知症専門ケア加算とは?その概要と算定条件などを知っておこう【平成30年度改定対応】

認知症専門ケア加算の概要を解説

認知症専門ケア加算とは?

認知症専門ケア加算とは、介護保険施設やグループホームにおいて認知症介護で一定の経験を持つ者で、国や自治体が行っている認知症介護指導者研修の修了者である専門の者が介護サービスを行うことに対して評価をするものです。

認知症専門ケア加算の目的とは?

認知症専門ケア加算の目的は、介護保険施設やグループホームにおいて、認知症の専門的なケアを実施するため、認知症介護の経験や知識を有する者が、質の高い介護サービスを提供することを目的としています。

認知症専門ケア加算の対象となる事業者

対象事業者は、厚生労働大臣が定める施設基準に適合していると認められ、都道府県に届け出て指定を受けている下記となります。

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム※地域密着型も含む)
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム※介護予防も含む)
  • 特定施設入居者生活介護(指定を受けた有料老人ホームなど※地域密着型も含む)
  • 介護老人保健施設
  • 短期入所生活介護(※介護予防も含む)
  • 短期入所療養介護(※介護予防も含む)
  • 介護医療院

認知症専門ケア加算の算定要件となるもの

認知症専門ケア加算Ⅰの算定要件

算定要件 備考
1 利用者の総数のうち、日常生活自立度Ⅲ以上の者が5割以上を占めること 日常生活自立度Ⅲとは、日常生活の行動に支障をきたす症状や行動があるため介護を必要とする者
2 認知症介護に関する専門的な研修を終了した者※を日常生活自立度Ⅲ以上の対象者が20名に満たない場合は1名以上、20人以上の場合は19人を超えて10人またはその端数を増すごとに1人以上配置すること ※認知症介護実践リーダー研修修了者
3 認知症ケアに関することを職員間で留意事項の伝達または技術的指導の会議を定期的に実施していること

認知症専門ケア加算Ⅱの算定要件

算定要件
1 認知症専門ケア加算Ⅰを満たし、認知症介護指導者修了者を修了した者を1人以上配置すること
2 介護職員、看護職員ごとに研修計画を作成し実施すること(認知症介護指導者の研修修了者を1名配置し、指導を実施)

認知症専門ケア加算の取得できる単位数

認知症専門ケア加算Ⅰ   3単位/日
認知症専門ケア加算Ⅱ   4単位/日

まとめ

国の施策として2025年に向けての地域包括ケアシステムの構築をする中で、今後、認知症の人が増加することを見越して、介護報酬が見直されています。2018年の介護報酬見直しでは、認知症専門ケア加算は短期入所生活介護サービス事業所、短期入所療養介護サービス事業所など多くのサービスにも創設されます。

実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、 わかりやすくまとまっているPDF資料 を、ぜひご活用ください。

加算減算一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

保険請求業務を効率化しませんか?

カイポケは介護業務に使う様々な帳票を簡単作成・印刷でき、国保連への伝送請求機能も兼ね揃えた介護ソフトです。

【ポイント】

  • 利用者、取引先、職員などの管理はもちろん可能
  • 計画書・予定/実績から保険請求・利用者請求まで一括で操作可能
  • もちろん、各種加算減算などの算定もできる
  • ネット上から国保連への伝送請求もできるから専用回線導入の必要なし
  • 利用者負担分の口座振替、職員給与の口座振込がソフト上から可能
  • 売上や利用者の推移など、経営上必要な統計情報も見られる

カイポケはあなたの事業に試していただくために、無料体験期間をご用意しております。
事業所とあわなかった場合でも、一切お金をいただかずに退会することも可能ですので、
お気軽に試してみてください。
※無料期間は条件によって異なりますのでお問い合わせください

認知症専門ケア加算の先頭に戻る