menu

0120-227-831

左記の番号が繋がらない方

03-4579-8131

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-227-831

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

【平成30年度改定対応】リハビリテーションマネジメント加算とは?

リハビリテーションマネジメント加算とは?【平成30年度改定対応】

リハビリテーションマネジメント加算の概要

S(Survey調査)P(Plan計画)D(Do実行)C(Check評価)A(Action改善)のサイクル構築と、リハビリテーションの継続的な管理に対して加算されるもので、「ご利用者の日常生活における活動の質の向上」を図るために行われる、リハビリテーションの提供を促進することを目的としています。
このリハビリテーションマネジメント加算には、算定の要件の異なる(Ⅰ)~(Ⅳ)が存在します。

リハビリテーションマネジメント加算の対象事業者

リハビリテーションマネジメント加算は、都道府県や市町村の指定を受けた通所リハビリ、訪問リハビリ(共に介護予防含む)で算定することができます。

リハビリテーションマネジメント加算の算定要件は?

リハビリテーションマネジメント加算の算定を行うには、以下の要件を満たす必要があります。

リハビリテーションマネジメント加算の算定要件

介護予防通所リハビリ 介護予防訪問リハビリ
リハビリテーションマネジメント加算
  • リハビリテーション計画を定期的に評価し、適宜計画を見直していること
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ケアマネジャーを通じて、ご利用者が利用する他の介護予防サービス、総合事業の職員に対して、リハの観点から日常生活の留意点、介護のアドバイス等の情報を伝達すること
  • 新規にリハ計画を作成したご利用者に、医師または医師から指示を受けた理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、1ヵ月以内に自宅等を訪問し、検査等を実施すること
  • 医師から理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して、リハの目的とリハ実施に伴う指示があること(開始前・リハ中の注意点、リハ中止の基準、ご利用者にかかる負荷)
  • リハ実施に伴う指示内容がわかるように記録すること
  • リハビリテーション計画を定期的に評価し、適宜計画を見直していること
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ケアマネジャーを通じて、ご利用者が利用する他の介護予防サービス、総合事業の職員に対して、リハの観点から日常生活の留意点、介護のアドバイス等の情報を伝達すること
  • 医師から理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して、リハの目的とリハ実施に伴う指示があること(開始前・リハ中の注意点、リハ中止の基準、ご利用者にかかる負荷)
  • リハ実施に伴う指示内容がわかるように記録すること
通所リハビリ 訪問リハビリ
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅰ)
  • リハビリテーション計画を定期的に評価し、適宜計画を見直していること
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ケアマネジャーを通じて、ご利用者が利用する他の介護サービスの職員に対して、リハの観点から日常生活の留意点、介護のアドバイス等の情報を伝達すること
  • 新規にリハ計画を作成したご利用者に、医師または医師から指示を受けた理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、1ヵ月以内に自宅等を訪問し、検査等を実施すること
  • 医師から理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して、リハの目的とリハ実施に伴う指示があること(開始前・リハ中の注意点、リハ中止の基準、ご利用者にかかる負荷)
  • リハ実施に伴う指示内容がわかるように記録すること
  • リハビリテーション計画を定期的に評価し、適宜計画を見直していること
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ケアマネジャーを通じて、ご利用者が利用する他の介護サービスの職員に対して、リハの観点から日常生活の留意点、介護のアドバイス等の情報を伝達すること
  • 医師から理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して、リハの目的とリハ実施に伴う指示があること(開始前・リハ中の注意点、リハ中止の基準、ご利用者にかかる負荷)
  • リハ実施に伴う指示内容がわかるように記録すること
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅱ) ※リハビリテーション計画について、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がご利用者またはそのご家族に説明を行い、同意を得て、その内容等を医師に報告すること
  • リハビリテーションの内容や目標を、リハビリテーション事業所の職員、その他関係者と共有するためのリハビリテーション会議を行い、内容の記録を行うこと。(医師への共有はテレビ電話でも可)
  • 利用開始月から6ヵ月以内は1ヵ月に1回、6ヵ月を超えた場合は3ヵ月に1回のリハビリテーション会議を開催し、計画を適宜見直していること
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ケアマネジャーに対して、リハの観点から有する能力、自立のための支援方法、日常生活の留意点等の情報を提供すること
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ご利用者の自宅等を訪問し、ご利用者が利用する他の介護サービスの職員またはご家族に対して、リハの観点から日常生活の留意点、介護のアドバイス等を行うこと
  • 医師から理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して、リハの目的とリハ実施に伴う指示があること(開始前・リハ中の注意点、リハ中止の基準、ご利用者にかかる負荷)
  • 以上に関し、記録を残すこと
※リハビリテーション計画について、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がご利用者またはそのご家族に説明を行い、同意を得て、その内容等を医師に報告すること
  • リハビリテーションの内容や目標を、リハビリテーション事業所の職員、その他関係者と共有するためのリハビリテーション会議を行い、内容の記録を行うこと。(医師への共有はテレビ電話でも可)
  • 3ヵ月に1回以上、リハビリテーション会議を開催し、計画を適宜見直していること
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ケアマネジャーに対して、リハの観点から有する能力、自立のための支援方法、日常生活の留意点等の情報を提供すること
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ご利用者の自宅等を訪問し、ご利用者が利用する他の介護サービスの職員またはご家族に対して、リハの観点から日常生活の留意点、介護のアドバイス等を行うこと
  • 医師から理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して、リハの目的とリハ実施に伴う指示があること(開始前・リハ中の注意点、リハ中止の基準、ご利用者にかかる負荷)
  • 以上に関し、記録を残すこと
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅲ)
  • リハビリテーションマネジメント加算(Ⅱ)の※以外の要件をすべて満たすこと
  • リハビリテーション計画について、理学療法士等による説明でなく、医師によりご利用者またはそのご家族に説明を行い同意を得ること
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅳ)
  • リハビリテーションマネジメント加算(Ⅲ)の要件全てを満たすこと
  • リハビリに関するデータの提出(VISIT形式)すること

リハビリテーションマネジメント加算の取得単位は?

リハビリテーションマネジメント加算の取得単位は、以下のようになります。

介護予防通所リハビリ 介護予防訪問リハビリ
リハビリテーションマネジメント加算 330単位/月 230単位/月
通所リハビリ 訪問リハビリ
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅰ) 330単位/月 230単位/月
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅱ) 開始日から6ヵ月以内 850単位/月 280単位/月
開始日から6ヵ月超 530単位/月
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅲ) 開始日から6ヵ月以内 1120単位/月 320単位/月
開始日から6ヵ月超 800単位/月
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅳ)
※3ヵ月に1回の算定が限度
開始日から6ヵ月以内 1220単位/月 420単位/月
開始日から6ヵ月超 900単位/月

実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、 わかりやすくまとまっているPDF資料 を、ぜひご活用ください。

加算減算一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

保険請求業務を効率化しませんか?

カイポケは介護業務に使う様々な帳票を簡単作成・印刷でき、国保連への伝送請求機能も兼ね揃えた介護ソフトです。

【ポイント】

  • 利用者、取引先、職員などの管理はもちろん可能
  • 計画書・予定/実績から保険請求・利用者請求まで一括で操作可能
  • もちろん、各種加算減算などの算定もできる
  • ネット上から国保連への伝送請求もできるから専用回線導入の必要なし
  • 利用者負担分の口座振替、職員給与の口座振込がソフト上から可能
  • 売上や利用者の推移など、経営上必要な統計情報も見られる

カイポケはあなたの事業に試していただくために、無料体験期間をご用意しております。
事業所とあわなかった場合でも、一切お金をいただかずに退会することも可能ですので、
お気軽に試してみてください。
※無料期間は条件によって異なりますのでお問い合わせください

リハビリテーションマネジメント加算の先頭に戻る