menu

0120-227-831

左記の番号が繋がらない方

03-4579-8131

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-227-831

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

訪問介護計画書の記入例と様式無料ダウンロード

目次
1.訪問介護計画書とは
2.訪問介護計画書の記入例
3.まとめ

1.訪問介護計画書とは

ここではまず、訪問介護計画書とは誰が何のために作成するのか、また作成するにあたっての注意点などについて説明します。以下の要点をおさえて作成しましょう。

訪問介護計画書はケアプランに基づいて作成する

訪問サービスや通所サービスなど、介護保険サービスの利用を計画する(ケアプランを作成する)のはケアマネジャーです。訪問介護計画書はケアプランに基づいて作成します。まずはケアプランにて訪問介護のおおまかな計画が立案され、サービス担当者会議等を通じてご利用者の意向を確認し、その後ご利用者に合わせた個別の訪問介護計画を立てます。
作成後は、ご利用者やご家族に計画内容を説明し、同意のもとサービス利用が開始します。また、サービス開始時に作成した計画書は、ご利用者の状態やニーズに応じて適宜見直しを行います。
作成を担当するのは、事業所のサービス提供責任者となり、ご利用者やご家族のニーズのみでなく、実際にサービスを提供するスタッフや担当ケアマネジャーからの情報も参考にして作成しなければならないため、情報収集力と広い視野が必要となります。

作成にあたっての注意点

計画書を作成するにあたって、いくつか注意しておくべき点があります。あとで誰が見ても理解できるように、以下の点をおさえておきましょう。

要点が簡潔にまとまっているか

すべての計画書に共通することですが、作成する際には「いつ・どこで・誰が・なにを・なぜ・どうするか」など、いわゆる5W1Hを意識してまとめることが望ましいです。
また、短期および長期の目標を設定する際には、簡潔かつ具体的に記入することが重要です。「自分でトイレに行く」という漠然とした目標では、動作のどこに援助が必要なのか、目標達成のためにはなにが必要なのかが不明確であり、定期的なモニタリングの際に頭を悩ませることになります。

ご利用者に合った個別の計画であるか

ご利用者の身体機能や家庭環境によって援助の方法は異なります。計画内容が機械的にならないようご利用者の状態に合わせた計画を立てるよう心掛けましょう。

誰が見ても理解できる内容であるか

計画書を作成するにあたり、医療や介護業界で用いられている専門用語や略語などは極力使用しないように注意しましょう。なぜなら、計画書は事業所とご利用者の間で共有するものであり、誰が見てもサービス利用の目的やサービス内容が理解できることが大切だからです。QOL(生活の質) やADL(日常生活動作)など、業界では共通言語として使用されている略語でも、ご利用者、ご家族が分かるように記入することが大切です。

2.訪問介護計画書の記入例

ここでは、実際の様式を用いて訪問介護計画書の記入例についてご紹介します。同じ訪問介護サービスでも、利用する時間帯や目的によって複数記入する必要があることに注意しましょう。

援助目標

訪問介護を利用する目的や、今後の課題について記入する部分であり、この計画書の骨子ともいえる項目です。それぞれの箇所の記入内容について以下のようになります。

訪問介護計画書(1)

解決すべき課題

ここはご利用者にとって解決すべき課題について、記入しましょう。注意点としては、具体的に「なにが問題であり、どうすればよいか」を記入するように心掛けてください。この欄が抽象的になってしまうと、その後の援助目標も曖昧になってしまうでしょう。例としては、「歩行が困難なため、病院の受診や買い物など、1人で外出ができない」などが挙げられるでしょう。

援助目標

解決すべき課題に対して、援助する内容を具体的に記入します。上記の課題を例に挙げると、外出ができないという課題に対して、「移動介助を受け、安全に外出することができる」ことを短期目標にかかげ、「移動介助を受け、定期的に安全に外出することができる」または「介助を受けて○○m歩くことができる」などを長期目標にかかげてはいかがでしょう。基本的に長期目標は短期目標を達成することによって獲得できる、生活や健康状態であると理解するとよいでしょう。

本人・家族の希望

ここはご利用者やご家族側の希望を記入します。提供者側と利用者側で目標が異なってはいけませんが、ここはご利用者の思いをそのまま書くとよいでしょう。「歩いて外出がしたい」、「自宅でお風呂に入りたい」など生活動作に関する希望をはじめ、「子供の手を借りずに夫婦だけで生活していきたい」など、利用者個人の価値観なども含まれます。計画作成者がフィルターをかけることなく、ありのままの希望を記入するとよいでしょう。

訪問介護計画書(2)

週間計画表

ここは具体的な訪問介護サービスの予定を記入します。サービス番号の欄には、後述する援助内容の番号を記入し、時間帯と所要時間の欄には「9:00〜9:30」「30分」などのようにサービス提供時間を記入します。曜日欄には、その該当する時間帯のサービスが何曜日に入っているかを記入します。同日に複数の時間帯でサービスを提供する際、早い時間から順に記入し、間違いないように注意しましょう。
サービス区分については、大きく分けると「身体介護」または「生活援助」のどちらかになります。身体介護は、移動や排泄の介助、入浴の介助などが該当し、生活援助は掃除や洗濯、買い物などが該当します。なお、通院の介助や服薬の介助は身体介護に該当します。

援助内容

週間計画に記入したサービス内容をそれぞれ具体的に記入します。サービス区分の欄には「身体介護」か「生活援助」を、サービス項目には「排泄介助」や「掃除」などの介助する項目を記入します。具体的内容の箇所については、「おむつの交換」や「ポータブルトイレへの移乗介助」など、どの動作に介助が必要かを具体的に記入します。生活援助の場合は、「寝室と台所のゴミを片付ける」や、「洗濯済みの衣類を物干しに干す」など、各行程に分けて書くことが望ましいです。

3.まとめ

訪問介護計画書の様式は、 こちらから無料ダウンロード できます。

介護帳票・様式一覧

保険請求業務を効率化しませんか?

カイポケは介護業務に使う様々な帳票を簡単作成・印刷でき、国保連への伝送請求機能も兼ね揃えた介護ソフトです。

【ポイント】

  • 利用者、取引先、職員などの管理はもちろん可能
  • 計画書・予定/実績から保険請求・利用者請求まで一括で操作可能
  • もちろん、各種加算減算などの算定もできる
  • ネット上から国保連への伝送請求もできるから専用回線導入の必要なし
  • 利用者負担分の口座振替、職員給与の口座振込がソフト上から可能
  • 売上や利用者の推移など、経営上必要な統計情報も見られる

カイポケはあなたの事業に試していただくために、無料体験期間をご用意しております。
事業所とあわなかった場合でも、一切お金をいただかずに退会することも可能ですので、
お気軽に試してみてください。
※無料期間は条件によって異なりますのでお問い合わせください

訪問介護計画書の記入例と様式無料ダウンロードの先頭に戻る