menu

0120-227-831

左記の番号が繋がらない方

03-4579-8131

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-227-831

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

モニタリングシートの記入例と様式(ケアマネ/訪問介護/通所介護/福祉用具)無料ダウンロード




目次
1.モニタリングシートとは
2.モニタリングシートの記入例

1.モニタリングシートとは

ここではまず、モニタリングシートの役割と、作成にあたり知っておきたいポイントについて解説します。

モニタリングシートの役割

モニタリングシートとは、介護サービスを提供するうえで、サービス内容の見直しをおこなうために作成するものです。ケアマネジャーなら提供サービスの種類や頻度についてですが、事業所単位であればサービス内容の見直しとなるでしょう。定期的に作成することで、提供されているサービスがご利用者のADLを改善しているか、そのご利用者が望むサービスを提供できているかを振り返ることができます。ご利用者本人にとっても、作成する事業者側にとっても非常に有益な書類であるといえるでしょう。

モニタリングシートを作成する頻度

モニタリングシートは、日々のサービス提供について作成する場合と、定期的に作成する場合とに分けられます。日々のサービス内容においては、その日の状態や実施内容、その後の反応など細かい状況を記載します。
しかし、定期的なモニタリングでは、期間を通して提供したサービスで、ご利用者の生活にどのような変化が起こったか、当初の目的がどの程度達成されているかを記載するとよいでしょう。定期的なモニタリングは、1ヵ月に一回実施することが望ましく、主に月末〜月初にかけて作成されることが多いです。

モニタリングシート作成にあたっての注意点

記載するうえでの注意点として、まずは以下の点を押さえておきましょう。

1) モニタリングを実施した際には必ず作成する
モニタリングシートは、前述したように提供サービスの見直しについての書類であり、その事業所が適正な運営をしているかの指標にもなります。居宅介護支援においては、月1回のモニタリング記録が作成できていないと介護支援専門員としての役割を果たしていないも同様です。また、運営基準減算に該当するため、事業所の収益が大幅に低下してしまいます。経営的に考えても、モニタリングシートの作成は必須といえるでしょう。

2) 実現可能な目標かしっかり考える
モニタリングシートは、目標設定に対して提供されたサービスの効果を判定しなければならないため、1ヵ月程度で実現可能な短期目標を設定しましょう。例として、「排泄動作が一人でおこなえる」という目標は、移動能力や認知面、自宅の環境など様々な因子が関係してくるため、短期間のうちに達成することは困難でしょう。この場合、「ご家族の介助でポータブルトイレで排泄ができる」といった具体的な目標を記入することで、訪問介護や訪問リハビリでのサービス提供内容を明確化することができるしょう。

2.モニタリングシートの記入例

ここでは、介護分野それぞれにおけるモニタリングシートの記入例についてご紹介します。

居宅介護支援

1) 短期目標
前項で述べたとおり、達成が見込まれる具体的な目標設定を心がけましょう。なお、モニタリングシートにおける目標設定は、あくまでもご利用者やご家族の意向に沿ったものであり、ケアマネジャーが客観的な評価に基づいて決めるものではありません。しっかりと聞き取りをしたうえで、達成可能な目標を記入しましょう。この目標を達成するためにケアプランが作成され、各種サービスが提供されることを忘れてはいけません。

2) サービス内容・ご利用者さんの変化
ここでは、サービス内容(通所介護、訪問介護など)をそれぞれ記載し、ご利用者の状況変化や課題点について記入します。状況変化の欄に関しては、「あり」「なし」など簡易な表現で記入し、備考欄に具体的な変化内容を記入するとよいでしょう。
また、短期目標達成度や課題、サービス内容変更の必要性に関してはモニタリングシートのキーとなる部分です。何が問題なのか、どうすればいいのかなどの対策については、しっかりと備考欄に記入しておきましょう。数ヵ月間同じ内容が続いているモニタリングシートは、適切なサービスが提供されていない証拠ですので、余裕があれば作成したモニタリングシートを見返すことも大切です。

通所介護

1) 本人・ご家族の希望と解決すべき課題
通所介護においても、1ヵ月に1回モニタリングシートを記入することが大切です。本人・ご家族の希望と解決すべき課題については、聴取する際にはできるだけ具体的にお聞きしましょう。希望が「自分で歩けるようになってほしい」、課題「歩行練習」では、機能訓練のメニューも一辺倒になりがちですし、生活の改善を目指した訓練も実施できないでしょう。記入例としては、希望「歩行器を使ってトイレまでひとりで歩けるようになる」、課題「歩行器歩行が5m可能+手すりを持ってひとりで立ち上がる」など具体的な目標設定ができるでしょう。

2) 目標達成と今後の計画の見直し
上記に挙げた希望や課題に対して、具体的にどのようなサービスを提供していくかを目標欄に記入します。課題の設定と同様に、「1日1回歩行練習をする」「歩いてトイレへ行く」などの曖昧な目標では、達成度の評価やサービスの見直しにつながりにくいです。
また、「安全に入浴介助をする」という目標でも、ご利用者やスタッフにとって安全な入浴介助の基準が異なるため、評価が曖昧になってしまうでしょう。記入のコツとしては、一つの目標達成に必要な行程をこわけにして、それぞれの行程に必要な要素を目標設定することが望ましいです。

訪問介護

上部の基本情報については共通項目であるため、ここでは割愛し、①〜④の項目について解説します。

1) サービスの実施状況
このシートでは、実施状況や満足度などは選択形式となっているため、該当する箇所に丸をつけましょう。2や3を選択した場合は、実施できていない部分やその理由について下部に明記します。サービス提供の有無については、ご利用者側の都合による場合もあるので注意が必要です。

2) ご利用者およびご家族の満足度
満足か不満足かを選択し、その理由を下部に記載します。この欄に関しては、面談時の聞き取り内容からの記入となる点に注意です。もし、「スタッフの対応が悪い」、「訪問介護自体が合っていなかった」など辛辣な意見が出たとしても、サービスの質向上のためにはしっかり記載しておきましょう。

3) ご利用者の生活状況および心身の状況の変化
こちらも該当する項目を選択しますが、おそらくモニタリング担当者の客観的な判断と聞き取りによる情報が混在するでしょう。「自分からよく動くようになった」などのポジティブな面もあれば、「食事や水分が摂れなくなって元気がなくなった」というネガティブな面もあります。
しかし、どちらの場合であっても、次項のサービス変更の必要性に関係してくるので重要です。

4) サービス変更の必要性
ここでは、①〜③のモニタリング内容を参考に、訪問介護の必要性や利用回数に変更がないかを判断することになります。下部の理由については、「医療的な処置を要するため訪問看護への変更が望ましい」や、「外出を望まれているため通所介護に変更する」など、その時々の状態に応じて柔軟な対応が求められます。

福祉用具

福祉用具のモニタリングに関しては、レンタル事業の担当者が記入することが多いでしょう。ここでは重要なポイントをいくつか解説します。

1) 利用品目と点検結果
ここには利用している福祉用具と型式を記入します。歩行器であれば前腕支持型やセーフティアームウォーカーなど様々な種類がありますので、具体的に記載するようにしましょう。自社から貸している商品がほとんどであると思いますので、製品パンフレットを参考に記入するとよいでしょう。
また、点検の有無と点検結果は重要なチェックポイントとなります。モニタリングの際には、福祉用具の劣化や破損がないかを必ずチェックしておく必要があります。福祉用具の使用に関しては、ご利用者本人だけではなくほかの介護スタッフも熟知していないことが多いので、安全な使用を続けるためにはレンタル業者の適切な管理にかかっています。歩行器や車椅子のブレーキ部分や、移乗リフトの動作確認などは、事故を未然に防ぐうえでも重要であるといえるでしょう。ご利用者の安全を守ることはもちろんですが、トラブルにより自社の信用が失墜することも避けたいです。

2) ご利用者やご家族への聞き取り
使いにくさや困ったこと、新たな希望などをご利用者やご家族からしっかりと聴取しておきましょう。「ブレーキの効きが悪い」、「高さの調整ができない」など、少しの介入によって解決できる問題もあれば、「乗り心地が悪い」「場所をとるので邪魔になる」など、福祉用具自体の変更が必要な場合もあります。
今後の方針の欄には、使用を継続するか否か、新しい福祉用具に変更するかなどの情報を記入することが望ましいです。

モニタリングシートの様式は、 こちらから無料ダウンロード できます。

介護帳票・様式一覧

保険請求業務を効率化しませんか?

カイポケは介護業務に使う様々な帳票を簡単作成・印刷でき、国保連への伝送請求機能も兼ね揃えた介護ソフトです。

【ポイント】

  • 利用者、取引先、職員などの管理はもちろん可能
  • 計画書・予定/実績から保険請求・利用者請求まで一括で操作可能
  • もちろん、各種加算減算などの算定もできる
  • ネット上から国保連への伝送請求もできるから専用回線導入の必要なし
  • 利用者負担分の口座振替、職員給与の口座振込がソフト上から可能
  • 売上や利用者の推移など、経営上必要な統計情報も見られる

カイポケはあなたの事業に試していただくために、無料体験期間をご用意しております。
事業所とあわなかった場合でも、一切お金をいただかずに退会することも可能ですので、
お気軽に試してみてください。
※無料期間は条件によって異なりますのでお問い合わせください

モニタリングシートの先頭に戻る