menu

0120-227-831

左記の番号が繋がらない方

03-4579-8131

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-227-831

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

バイタルチェック表(通所介護)の記入例とテンプレート(エクセル)無料ダウンロード




目次
1.バイタルチェック表とは
2.バイタルチェック表の記入例

1.バイタルチェック表とは

バイタルチェック表とは、血圧や脈拍、体温などの身体的な基本チェック項目をはじめ、体の痛みやそのほかの注意事項などを記入するシートのことです。簡単にいえば、ご利用者一人ひとりの体調管理をするための「体調管理表」です。
ここでは、バイタルチェック表を記入する目的や、記入にあたっての注意点などについてそれぞれ解説します。

いつ誰が作成するのか

バイタルチェック表は、その日のサービス提供開始時にチェックすることで、ご利用者の安全管理をすることが第一の目的です。多くの事業所では、事業所に到着してすぐにチェックします。血圧や脈拍などの測定は、基本的に自動血圧計を用いることが多く、介護職の方でも容易に測定できるでしょう。
しかし、足のむくみがないか、どこか痛みがないかなど、数値で表す以外の項目をチェックしている事業所では、看護師や機能訓練指導員が担当することもあります。

作成する目的は

その日ごとの体調管理はもちろんですが、バイタルチェック表はさまざまな場面で有効活用できます。例えば、「いつもより熱が高いから入浴は中止しようかな」という判断や、「血圧が高いから機能訓練の量を減らしてみよう」など、サービス提供においても参考になる指標となります。
また、その日1日の体調管理だけではなく、毎週チェックすることによってご利用者の生活状況を知ることができます。特に高齢者では高血圧の方も多く、普段より高い状態が続いていると、お薬をしっかり飲んでいるか、塩分の多い食事を摂っていないかなど、自宅生活の様子を判断することも可能です。

作成にあたっての注意点

基本的には機械に表示された数値を書き込む作業となりますが、以下の点に関しては注意しておきましょう。

安静後に測定する

送迎車から降りて事業所内の椅子に腰掛けたあとに「さあ測定!」と意気込んではいけません。時間がないため早く終わらせたい気持ちをグッと抑えて、5分ほど安静にしてから測定しましょう。動いてすぐの状態では、いつもより血圧や脈拍の数値が高くなってしまうので、正確な評価ができなくなります。

何気ない訴えを聞き逃さない

測定した項目に異常がなくても、「少し頭が痛いです」や、「いつもより体がだるい感じがします」などの意見があれば、必ずそのほかの欄に記載するようにしましょう。そして、看護師や上席のスタッフなどに相談し、状態を詳細に評価することをおすすめします。大切な情報を見逃して、ご利用者の体調が急変してしまってからでは手遅れです。

2.バイタルチェック表の記入例

ここでは、実際のバイタルチェック表を見ながら、その記載例について解説します。

体温

体温計を用いて測定しますので、特に難しくはありません。ただし、37.5度以上の場合は、念のため本人に体調の確認をするように心がけましょう。
また、医療機関から「〜度以上は入浴不可」という指示が出ている場合もあるため、注意しましょう。

血圧

血圧計を用いて測定しますが、最高血圧と最低血圧の両方を記載する必要があります。低の箇所には最低血圧を記入し、高の箇所には最高血圧を記載しましょう。140/90mmHg以上が高血圧の基準とされていますが、最高血圧が80台などの低値の場合でも、ご本人の体調確認をして看護師などに報告することが望ましいです。

脈拍

脈拍も電動血圧計で同時に測定することができるので、記入自体は特に難しいことはありません。
しかし、120回を超える場合や60回を下回る場合などは、不整脈の可能性もあるため看護師などに相談するようにしましょう。

備考

備考欄には、ご利用者からの訴えや、担当者が感じた点(息が苦しそう、顔色が悪いなど)を記載しておくことをおすすめします。バイタルチェックは必ずしも数値で記載できるものではなく、ご利用者の全身状態を捉えたものであることが望ましいです。

バイタルチェック表の様式は、 こちらから無料ダウンロード できます。

介護帳票・様式一覧

保険請求業務を効率化しませんか?

カイポケは介護業務に使う様々な帳票を簡単作成・印刷でき、国保連への伝送請求機能も兼ね揃えた介護ソフトです。

【ポイント】

  • 利用者、取引先、職員などの管理はもちろん可能
  • 計画書・予定/実績から保険請求・利用者請求まで一括で操作可能
  • もちろん、各種加算減算などの算定もできる
  • ネット上から国保連への伝送請求もできるから専用回線導入の必要なし
  • 利用者負担分の口座振替、職員給与の口座振込がソフト上から可能
  • 売上や利用者の推移など、経営上必要な統計情報も見られる

カイポケはあなたの事業に試していただくために、無料体験期間をご用意しております。
事業所とあわなかった場合でも、一切お金をいただかずに退会することも可能ですので、
お気軽に試してみてください。
※無料期間は条件によって異なりますのでお問い合わせください

バイタルチェック表の先頭に戻る