menu

0120-227-831

左記の番号が繋がらない方

03-4579-8131

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-227-831

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

サービス担当者会議の記録用紙の書き方

運営基準第十三条九号にて、「介護支援専門員はサービス担当者会議の開催により、利用者の状況等に関する情報を担当者と共有するとともに、当該居宅サービス計画の原案の内容について、担当者から、専門的な見地からの意見を求めるものとする」となっています。
ですので、ケアマネジャーの方が居宅介護支援事業所で実務を行う際、必要に応じてサービス担当者会議を開催しなくてはいけないということになります。
当然ですが、行政からの実地指導においても、サービス担当者会議の記録、内容を確認されますので、しっかりと記録し保管しましょう。
ここでは、サービス担当者会議の記録用紙の書き方についてまとめています。ぜひご一読いただき、今後の実務においてお役立てください。

目次
1.サービス担当者会議とは
2.サービス担当者会議の記録用紙の書き方
3.サービス担当者会議の記録用紙の雛形
4.まとめ

1.サービス担当者会議とは

ご存知の方も多いでしょうが、サービス担当者会議とはどのようなものなのでしょうか?

サービス担当者会議とは

サービス担当者会議とは、介護保険事業において、よく行われる会議です。会議といっても開催場所は会議室ばかりではなく、ご利用者の自宅やご利用者が入院している場合は病院等で行うこともあります。話される内容はこれから介護サービスを受ける、もしくは現在受けているご利用者へのサービス内容が適切であるか、追加や変更すべきサービスはないかを、ご利用者、ご家族、サービスに関わる事業所の担当者が集まり、検討します。

サービス担当者会議の位置づけ

サービス担当者会議の位置づけは、ご利用者のケアプラン作成のためのサービス担当者の合意の会議となります。サービス担当者会議の資料としてケアプランの原案を使用しています。会議の参加者からの意見を受け、原案を調整し、実際に交付するケアプランを作成しますので、重要な会議となります。

サービス担当者会議の参加者(構成員)

サービス担当者会議の参加者は、ご利用者、ご家族、担当ケアマネジャー、ご利用者に関わるサービス事業所の担当者となります。介護保険以外のサービス提供者(医療機関の担当者)なども、必要に応じて参加が求められます。
参加者の日程調整が難しいケースでは、文書での照会等による情報の共有が認められています。

目的

サービス担当者会議の目的は、ご利用者へのサービスの提供について、ご利用者やご家族だけではなく、ご利用者に関わるサービス提供事業所の担当者が共通の認識を持つことです。

2.サービス担当者会議の記録用紙の書き方

それでは、サービス担当者会議の記録用紙の書き方について説明しましょう。

サービス担当者会議の記録用紙の項目

  • ご利用者名
  • 居宅サービス計画作成者氏名
  • サービス担当者会議開催の日時
  • サービス担当者会議開催の場所
  • サービス担当者会議開催の回数
  • サービス担当者会議に参加者のサービス提供事業所名、職種、氏名
  • 検討した項目
  • 検討内容
  • 結論
  • 残された課題

準備する際の留意点

  • ご利用者、ご家族の希望、意見を反映すること
  • 可能な限り簡潔に書くこと
  • テーマが明確になっていて、テーマに沿った検討、結論となっていること

会議の中で追記する際の留意点

  • 口頭での意見であっても可能な限り記載すること
  • 話し言葉のまま記載し、必要に応じて補足を記載すること

記録用紙への記載は大変ですが、話された内容を可能な限り書くことが、後から情報を拾う時に有用だと思われます。
こうしてサービス担当者会議の記録用紙を完成させた後に必要なことがあります。ご利用者を含めた各サービス事業所に文面として配布し、最終的な同意を得るところまで行わなくてはいけません。

3.サービス担当者会議の記録用紙の雛形

サービス担当者会議の記録用紙は、標準様式「居宅サービス計画第4表(サービス担当者会議の要点)」がありますが、様々な事業者がひな形(フォーマット)を作っています。ひな形に関してはインターネットでも公開されているものが多くあります。

4.まとめ

介護保険事業所は記録をとることがとても大切になります。
この記事を参考にしていただき、是非より良いサービス担当者会議を行っていただきたいと思います。より良いケアプランの作成は、事業所の評判を上げ、ご利用者の増加につながると思われます。

サービス担当者会議の用紙の様式は、 こちらから無料ダウンロード できます。

介護帳票・様式一覧

保険請求業務を効率化しませんか?

カイポケは介護業務に使う様々な帳票を簡単作成・印刷でき、国保連への伝送請求機能も兼ね揃えた介護ソフトです。

【ポイント】

  • 利用者、取引先、職員などの管理はもちろん可能
  • 計画書・予定/実績から保険請求・利用者請求まで一括で操作可能
  • もちろん、各種加算減算などの算定もできる
  • ネット上から国保連への伝送請求もできるから専用回線導入の必要なし
  • 利用者負担分の口座振替、職員給与の口座振込がソフト上から可能
  • 売上や利用者の推移など、経営上必要な統計情報も見られる

カイポケはあなたの事業に試していただくために、無料体験期間をご用意しております。
事業所とあわなかった場合でも、一切お金をいただかずに退会することも可能ですので、
お気軽に試してみてください。
※無料期間は条件によって異なりますのでお問い合わせください

サービス担当者会議の記録用紙の書き方の先頭に戻る