menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

【開業】株式会社・有限会社・合同会社の開業

営利法人の設立

株式会社での介護事業とは?

2006年の会社法施行法にともない有限会社が廃止されたため、現在では、株式会社形態が主流になってきています。株式会社を設立するメリットは、社会の信用があることはもちろん、NPO法人や一般社団法人に比べると手続きが早い点です。デメリットは、設立費用が少々高いことです。株式会社は1人でも設立できるので、まずは小さくはじめたい方におすすめです。

有限会社での介護事業とは?

有限会社は、2006年の会社法施行法にともない廃止されたため、現在は設立できませんが、以前は資本金の制限によって、さまざまな事業所を開設していました。今でも、在宅介護事業を運営している法人のうち、比較的多くの割合を占めています。
2006年に有限会社法が廃止されるまでは、資本金300万円以上が設立の条件でした。
もともと小規模を前提とした会社形態で、基本的には社員数も50名以下に制限されており、取締役も1名以上いればいいため、在宅介護事業を営む中小企業などの規模感とマッチするため、介護との親和性は高いといえます。

合同会社での介護事業とは?

介護事業の指定を受け、介護報酬を受け取るためには法人格の申請が必要となります。法人格には、株式会社、合同会社、NPO法人、医療法人などがあり、形態はさまざまです。合同会社のメリットは、実費が、株式会社の場合は20万円以上、一般社団法人の場合で11万円以上かかるところ、わずか6万円くらいで済むところです。法人化手続きもNPO法人と比べると、公証役場での定款認証が不要なので、手続きも早く終わります。制度ができて間もないため、若干、信用面で株式会社より劣りますが、右肩上がりで法人数は増えてきています。ほかの営利法人に比べて、比較的設立が簡易な法人形態です。

法人形態を知ろう

介護事業所は、株式会社、有限会社、合同会社などの営利法人の参入が認められています。近年では特に株式会社の新規参入が相次いでおり、業界の主流になりつつあります。

営利法人の設立

2006年の会社法施行法にともない有限会社が廃止されたため、現在では、株式会社形態が主流になってきています。株式会社を設立するメリットは、社会の信用があることはもちろん、NPO法人や一般社団法人に比べると手続きが早い点です。

社団法人の設立

社会福祉法人とは、良質な福祉サービスの提供をおもな目的とする、行政ではない民間の非営利法人です。地域の住民が日々の生活の中で必要になる様々な福祉サービスを提供するために、社会福祉方に基づいて設けられました。社会福祉法人は公共性が高いため、安定的で、かつ、適正な運営でなければなりません。

開業に必要なことは、カイポケにお任せください

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。特にはじめての場合は、
「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」 と、不安もいっぱい。

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、
莫大な費用がかかり、 せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、お手伝いします!
無料・有料オプションサービスを含め 幅広いサービスをご用意しております ので、
この機会に、ぜひお問合せくださいね。

株式会社・有限会社・合同会社の開業の先頭に戻る