menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

【開業】介護事業開業のための資金調達方法

介護事業開業のための資金調達方法

開業資金を準備しよう

介護事業を始めるには、ビジョンと戦略、またそれらを実現するための開業資金が必要です。資金調達の方法は、①自己資金②身内や知人からの融資③金融機関からの融資⑤助成金など、さまざまです。
デイサービスなど設備資金に多くの費用を要するものですと、金融機関からの融資で資金調達を行うのが一般的です。

介護事業で融資を受けるには...

融資とは、事業の拡大や設備購入、経営の維持などを目的に金融機関などから、必要な資金を調達することです。
当然ながら、タダでお金を貸してくれるわけではなく、借り入れるという形をとるため、返済可能かどうかを含め、厳格な審査があります。
その審査には事業計画書、損益計算書、資金繰り表など、事業の計画を確認するための資料が必要です。

一方助成金は、返済の必要がないお金です。融資とは異なり、返済不要で国からもらえるお金が助成金です。

介護事業開業のための資金調達方法

訪問介護・デイサービス・居宅介護支援事業所のそれぞれで、必要な費用は異なります。それぞれのサービス形態に合わせて、必要な資金の目処を確認しましょう。

介護事業の資金調達

介護事業を始めるには、ビジョンと戦略、またそれらを実現するための開業資金が必要です。

事業計画書の書き方

金融機関から融資を得るには、事業計画書が必要です。決められたフォーマットはありませんが、作成のポイントはあります。確認する方に自身の計画がしっかり伝わるよう、工夫して書きましょう。

介護事業の助成金

助成金は、国から支給される返済の必要が無いお金です。人事制度や労務制度の策定時に、助成金を意識したものにして、しっかりと申請することをオススメします。

介護報酬のファクタリング

介護報酬のファクタリングは、国保連から介護報酬が入金されるより早く、売上金を受け取ることができるサービスです。早期入金サービスを導入することで、資金繰りを改善できます。

開業に必要なことは、カイポケにお任せください

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。特にはじめての場合は、
「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」 と、不安もいっぱい。

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、
莫大な費用がかかり、 せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、お手伝いします!
無料・有料オプションサービスを含め 幅広いサービスをご用意しております ので、
この機会に、ぜひお問合せくださいね。

介護事業開業のための資金調達方法の先頭に戻る