menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

【開業】介護事業に必要な帳票

帳票について

介護事業に必要な帳票とは?

介護事業を行う際、意外と大変なのが膨大な帳票類の準備です。帳票は提供する介護サービスによっても準備するものが異なるため、何が必要なのか確認するだけでも大変な作業です。

他方、帳票は現状の経営状態やサービスの状況を客観的に判断できる材料の一つ。介護施設の経営状態や提供サービスなどを把握し、サービスの向上に努めたり、経営状況改善のための打開策を第三者に相談するためにも、大切なものです。

そこで今回は、介護サービスにおいて帳票が必要になるフェーズと、帳票フォーマットを作る上でのコツをご紹介します。

介護サービスで帳票が必要なフェーズについては、主に以下の4つが挙げられます。

  • 介護事業所設立前
    契約書や重要事項説明書、アセスメント指定や提供サービスごとの計画書などを作成する必要があります。
  • サービス提供前
    基本チェックリストや利用者基本情報、各サービスの計画書などを作成し、どのようなサービスを提供するのが良いのかを明示する必要があります。
  • サービス提供時
    介護保険審査決定増減表や介護給付費等支払決定額通知書などといった、いわゆる返戻帳票と支払関連帳票を用意する必要があります。

な上記はあくまで必要な帳票の一例を示したものですので、実際にはもっと膨大な帳票を用意する必要があります。とはいえ、いちいち帳票を作るのは大変ですよね。手間を省くためには、できるだけ事前にフォーマットを作成しておくのがオススメ。日々の業務の手間を省くことができます。

必要な書類の作成や管理をしよう

いよいよ事業がスタートします。実際に、介護事業所を経営していくにあたり、さまざまな書類の作成や管理が必要となります。

介護介護事業と税理士

税理士は、その課税売上に対して、売上台帳の作成や入金管理、管理会計など幅広く支援しています。

介護事業と社労士

社会保険労務士(社労士)は、介護事業の人材採用をはじめ、介護の助成金、経営など、さまざまな支援を行っています。

介護事業と行政書士

行政書士は、介護事業の開業をはじめ、運営のための手続きや介護事業に関する手続きなど、さまざまな支援を行っています。

介護保険の加算・減算に関して

居宅介護支援・訪問介護・通所介護(デイサービス)のそれぞれに、加算・減算があります。また、その他のサービス形態や規模ごとに多くの種類があります。詳しく見ていきましょう

介護事業に必要な帳票

介護サービスにおいて帳票が必要になるフェーズと、帳票フォーマットを作る上でのコツをご紹介します。

開業に必要なことは、カイポケにお任せください

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。特にはじめての場合は、
「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」 と、不安もいっぱい。

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、
莫大な費用がかかり、 せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、お手伝いします!
無料・有料オプションサービスを含め 幅広いサービスをご用意しております ので、
この機会に、ぜひお問合せくださいね。

介護事業に必要な帳票の先頭に戻る