menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

【開業】介護スタッフ(ヘルパー)の採用

ヘルパー(訪問介護員)募集について

ヘルパー(訪問介護員)を募集する際の注意点

ヘルパーを募集 する際に、気をつけなければいけない点を確認しておきましょう。
まず、実務経験の有無です。ホームヘルパーなどの資格を持っていても、実務経験がないという人は大勢います。そのため、「実務未経験可」で募集をした方が、応募者は集まりやすいです。しかし、実務経験がない人は実際の現場で戸惑うことが多いのも事実。ヘルパーは重労働で体力も必要なので、しっかりとしたサポート体制を整えておく必要があります。実務経験がある場合は、現場でスムーズに業務にあたってもらうことが期待できます。

次に、 資格の記載方法 です。通常ヘルパーとして働くためには、「介護職員初任者研修修了者(旧ホームヘルパー2級)以上」の資格が必要です。そのため、応募資格として「介護職員初任者研修修了者」「ホームヘルパー2級」「ホームヘルパー1級」「介護福祉士」などを記載します。ただし、場合によっては働きながら資格を取得することを条件に、無資格の人を雇用することも可能です。

最後に、 ヘルパーに適した人材 とはどんな人でしょうか。基本的なことですが、介護の現場では特に、「責任感がある」「時間に正確である」「清潔感がある」ことが重要です。そのほか、訪問介護だったら調理が得意か、老人ホームやグループホームでは夜勤が可能かどうかもポイントになります。

カイポケをご利用いただくと、ヘルパー(訪問介護員)の募集から採用まで、無料で行えます!

介護は人対人のサービスなので、良いヘルパーさんを採用することがとても重要です。
しかし、お金と時間をかけて採用活動をしても、必ずしも良い人材を採用できるとは限りません。カイポケでは、大手介護求人サイトへ無料で求人広告が掲載でき、ヘルパーの募集から採用まで行うことができます。インターネットを利用する求人サイトでは若年層や有資格者の登録も多く、希望にマッチした人材を採用することが可能です。もちろんヘルパーを何人採用しても、広告掲載費はかかりません。採用をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください!

ヘルパーや介護職員の採用について

採介護事業所は、人員配置の基準(人員基準)を満たさないと、開設ができません。従って、人材の採用を行う前に、しっかりと人員基準を確認し、基準を満たした職種と人数を計画的に採用する必要があります。

介護スタッフの採用

採用の方法は募集広告などを用いて事業者が主体となって行う方法、派遣会社など外部の専門の会社に求人を依頼する方法が一般的です。まずはその基本的な流れを見ていきましょう。

管理者の採用

デイサービスの管理者は、事業所全体の運営管理を行うほか、利用者の相談を受けたり計画書を書くなど広範囲にわたります。管理者採用に於ける選定のポイントを見ていきましょう。

介護支援専門員(ケアマネージャー)の採用

ケアマネージャーは有資格者を採用する必要があります。業界的にも人材不足なので、採用が難しい職種です。効果的な方法を見ていきましょう。

介護スタッフ(ヘルパー)の採用

訪問介護の求人は、資格の面でハードルが低いため、近年人気が出てきています。サービス提供責任者へのステップアップも可能など、幅が広がります。詳しくみていきましょう。

介護事業所の福利厚生

多くの介護事業所では、すべての職員がいつもベストな状態で仕事に臨めるように、福利厚生サービスを用意しています。福利厚生が充実いていると、しっかりアピールができれば、求人広告を出した際の求職者の応募にも期待ができます。

介護の新卒採用

高齢化社会が進む現代において、学生がとくに注目しているのが「介護業界のお仕事」です。新卒でも働きながら資格を取得できるものを見ていきましょう。

看護師採用

特定の介護事業所(訪問看護、デイサービスなど)では、看護職員を置くことを義務づけられています。

雇用助成金

介護事業の従業員の雇い入れの際に用意されている、助成金について見ていきましょう。

サービス提供責任者(サ責)の採用

サービス提供責任者(サ責)は、現場の実務作業はもちろん、ヘルパーのスケジュール管理や教育などを行い、リーダー的な役割も果たさなければなりません。サービス提供責任者(サ責)の採用の際の重要な選定基準などを見ていきましょう。

生活相談員の採用

生活相談員は、要支援者や要介護者、その家族が安心して生活できるように、スタッフも気持ちよく仕事に取り組むために、さまざまな立場の方の相談に乗ったりして、環境を整えています。

福祉用具専門相談員の採用

福祉用具専門相談員とは、介護を受ける側と、介護する側の双方の要望を聞き、病状や障害の度合いを適切に見極めて、福祉用具の選定や使い方をアドバイスする専門家です。

介護の中途・キャリア採用

介護事業所の採用については、有資格者や経験者が圧倒的に多く、新卒採用が少ないの

開業に必要なことは、カイポケにお任せください

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。特にはじめての場合は、
「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」 と、不安もいっぱい。

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、
莫大な費用がかかり、 せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、お手伝いします!
無料・有料オプションサービスを含め 幅広いサービスをご用意しております ので、
この機会に、ぜひお問合せくださいね。

介護スタッフ(ヘルパー)の採用の先頭に戻る