menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

【開業】介護フランチャイズの開設・設立

介護事業フランチャイズに加盟するには

フランチャイズに加盟して介護事業をはじめるには?

個人で介護事業の起業をする場合は、法人格の取得をはじめ、介護スタッフの確保や事業の運営上のシステム構築など、やるべき事が多く、わからない事もたくさんあります。それに対して、フランチャイズ(FC)に加盟する形で介護事業をスタートする場合は、知識や経験が少なくても、介護事業所の運営のノウハウを学びながら開設することができます。また、開業後も利用者獲得の対策などのバックアップ体制が整っているところが多いようです。
下記は、おもな支援の一例です。

  • 責任共有システム 介護事業の開業に必要な指定事業者の申請手続きから、運営に関することなどを、オーナー会議や管理者会議を開催することで、情報の共有化を図ります。
  • 採用支援の援助 スタッフ募集を行う際に必要になる、求人媒体の選定の仕方や、面接の立会い方、選定方法などをレクチャーします。
  • 人材育成システム 人材育成システムでは、知識、経験、ノウハウを得ることができます。マネジメント教育や、介護知識と技術の教育・訓練、コンプライアンスなどを学べます。

などです。

デイサービス(通所介護)でフランチャイズを行うなら

デイサービス(通所介護)は、要支援・要介護者が日中の時間を過ごし、日帰りで利用するサービス。近年、要介護者の社会的つながりの確保、介護する家族のレスパイトという意味でも需要が高まっています。デイサービスはその利用人数によって大規模型、通常型、小規模型に区分されていますが、フランチャイズで参入しやすいのは利用人数が少ない小規模型の施設です。民家などを改装して参入するケースもあります。介護保険適用外ですが、施設に宿泊ができる「お泊りデイ」などのサービスは特にニーズがあり、顧客の確保と安定した運営が期待できることが魅力です。ただし、定員18名以下の小規模デイサービスは平成28年度から地域密着型通所介護に移行するので注意しておく必要があります。

訪問介護でフランチャイズを行うなら

介護保険で入ることができる特別養護老人ホームなどが満室で待機の高齢者が多くいる中、在宅介護の比重が高くなっています。在宅で介護する家族を助け、利用者の家を訪ねて介護サービスを提供する訪問介護は、とても重要です。介護保険適用のサービスなら利用者の負担も小さく、顧客が確保しやすいというメリットもあります。訪問介護のサービス提供内容は各フランチャイズによって異なるので、介護保険が適用される食事や入浴介助、適用外の美容、マッサージなど、条件をよく見て自分の得意な分野を選ぶとよいでしょう。訪問介護は開業資金が低めに設定されているところが多いこともポイントです。

フランチャイズに掛かるコスト

フランチャイズで介護事業に参入できるといっても、気になるのはコスト面。 まず、フランチャイズの加盟金ですが、これはフランチャイズの主体によって様々。どちらかというと通所介護の方が高い傾向にあり、だいたい数百万円から一千万を超えるところもあります。訪問介護に関しては安いところだと十数万円で加盟することも可能です。 次に、フランチャイズ加盟店は本部に一定の「ロイヤリティ」を払わなければなりません。ロイヤリティとは営業利益を本部に還元する制度のことです。介護事業の場合は、介護保険収入に応じて一定の割合を求められることがほとんどで、だいたい売り上げの5~10%程度の場合が多くなっています。 介護事業の場合は、介護保険の適用サービスであれば確実に利益が回収できる点が魅力です。その反面、介護保険制度の改正などに大きく影響されるということもあります。今後ますます高齢化が進む中で、状況に応じて営業を行う情報収集力と柔軟性が必要になるでしょう。

カイポケでは低価格で介護事業の法人設立をサポートします

法人設立の費用は決して安くはなく、手続きにも時間がかかります。しかし、カイポケは面倒な法人設立を徹底サポート。またご自身で全て準備されるよりもスピーディーに法人登記を済ませることが可能です。
代行会社に依頼すると手数料がかかるからと自分で調べて準備される方も多いようですが、例えばご自身で紙の定款を準備するとなると、4万円の印紙税(収入印紙)費用が発生してしまいます。ですがカイポケにて電子定款作成サービスをご利用いただければ、1万円程の費用で対応できます。電子定款作成サービスは介護業界に知見のある先生のサポートのもと対応させていただきますので、安心してお任せください!

そもそも介護事業所を設立するとは

事業内容は通所介護(デイサービス)、訪問介護、居宅介護支援の3種類の業種に分かれます。 その業種ごとに事業内容や介護施設、手続きが大きく変わってきますのできちんと理解してから計画を進めましょう。

居宅介護事業所の開設・設立について

居宅介護支援とは介護支援専門員(ケアマネージャー)が在宅での介護を支援することです。まずは事業所開業の流れから見ていきましょう。

通所介護(デイサービス)の開設・設立

通所介護(デイサービス)は被介護者が事業所に通いで介護サービスを受けることです。まずは事業所開業の流れから見ていきましょう。

訪問介護事業所の立ち上げ

訪問介護とはヘルパーが利用者の自宅を訪問し、介護を行うことです。まずは事業所開業の流れから見ていきましょう。

フランチャイズで始めるには

フランチャイズという大手企業の下で開業するという方法もあります。異なるところを見ていきましょう。

特定福祉用具販売事業所・福祉用具貸与事業所の開設・設立について

福祉用具貸与とは要介護者に対し、適切な福祉用具の選定援助、使用方法の説明をしレンタルサービスを行うことです。まずは事業の内容と事業所開業の流れを見ていきましょう。

開業に必要なことは、カイポケにお任せください

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。特にはじめての場合は、
「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」 と、不安もいっぱい。

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、
莫大な費用がかかり、 せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、お手伝いします!
無料・有料オプションサービスを含め 幅広いサービスをご用意しております ので、
この機会に、ぜひお問合せくださいね。

介護フランチャイズの開設・設立の先頭に戻る