menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

【開業】福祉用具貸与/販売の開設・設立

福祉用具貸与/販売事業所の開設について

福祉用具貸与って何?

福祉用具貸与(ふくしようぐたいよ) とは日常生活を営むのに支障のある要介護者に対し、できる限り自宅において自立した日常生活を営めるように、要介護者の希望や状況に合わせ適切な福祉用具の選定援助、使用方法の説明し福祉用具のレンタルサービスを行う事を指します。
福祉用具貸与では、以下の12種目を対象に貸与する事ができます。

  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品
  • 体位変換器(褥瘡の予防やケアに使用)
  • 床ずれ予防用具
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 移動用リフト(つり具の部分を除く)
  • 手すり
  • スロープ
  • 認知症老人徘徊感知機器

ただし、要支援者及び要介護1の軽度認定者の方は以下の種目について介護保険の利用が認められていません。

  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品
  • 体位変換器(褥瘡の予防やケアに使用)
  • 床ずれ予防用具
  • 移動用リフト(つり具の部分を除く)
  • 認知症老人徘徊感知機器

特定福祉用具販売って何?

特定福祉用具販売 とは居宅において日常生活を営むのに支障がある要介護者に対し、要介護者の希望や状況に合わせ、入浴・排せつに用いるなど貸与には心理的に抵抗を感じるもの、あるいはもとの形態・品質が変化し再度利用することができない福祉用具の販売を行う事を指します。特定福祉用具販売では、以下の5種目を対象に販売する事ができます。

  • 腰掛便座
  • 特殊尿器
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分

福祉用具貸与/販売事業所を開設するステップは?

介護予防訪問介護事業所/特定福祉用具販売事業所を開設するには以下のステップを踏みます。

  • 株式会社や社会福祉法人、NPO法人などの法人格を取得します。
  • 各都道府県に事業所の指定申請を行います。各都道府県によって申請方法が異なります。

以下は東京都で事業所指定を受ける場合を例示しています。(平成24年5月時点)
【指定申請までの流れ(東京都の場合)】

  • 申請に係る事前相談を行います(任意)
  • 所定のFAX様式をダウンロードし、研修前に指定申請の申し込みを行います。
  • 申し込みは指定予定日(毎月1日)の3ヶ月前の月末日までに行います。
  • 例えば6月1日に指定を受けた場合、3月31日までに申し込みを行います。
  • 指定前研修を受講します。
  • 必要書類を作成し、窓口に提出します。
  • 申し込みは指定予定日(毎月1日)の2ヶ月前の月末日までに行います。
  • 例えば6月1日に指定を受けた場合、4月30日までに申し込みを行います。
  • 1ヶ月間の審査期間で設立基準を満たしていると認められた場合*、指定が行われます。

*福祉用具専門相談員(介護福祉士、社会福祉士、義肢装具士、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、1~2級ホームヘルパー、福祉用具に関する指定講習修了者)を常勤換算で2人以上配置するなどいくつかの基準を満たす必要があります。

カイポケでの指定申請サポートとは?

福祉用具貸与事業を開業するためには、福祉用具専門相談員が二名以上常勤している必要があったり、消毒されている福祉用具とされていない福祉用具を区別する部屋が必要であったりと他の事業にはない特徴があります。そのため、職員採用から事業所選びまで、指定基準をしっかりと理解した上で進めていく必要があります。

カイポケでは、専任スタッフが基準を満たした事業所づくりができるよう申請手続きから事業所運営、利用者獲得までサポートいたします。また、他にも開業までに課題となる車両調達や資金の借り入れ、安価な什器の調達などでもお力になれます。 カイポケ開業支援サービス(無料)についてはこちら

そもそも介護事業所を設立するとは

事業内容は通所介護(デイサービス)、訪問介護、居宅介護支援の3種類の業種に分かれます。 その業種ごとに事業内容や介護施設、手続きが大きく変わってきますのできちんと理解してから計画を進めましょう。

居宅介護事業所の開設・設立について

居宅介護支援とは介護支援専門員(ケアマネージャー)が在宅での介護を支援することです。まずは事業所開業の流れから見ていきましょう。

通所介護(デイサービス)の開設・設立

通所介護(デイサービス)は被介護者が事業所に通いで介護サービスを受けることです。まずは事業所開業の流れから見ていきましょう。

訪問介護事業所の立ち上げ

訪問介護とはヘルパーが利用者の自宅を訪問し、介護を行うことです。まずは事業所開業の流れから見ていきましょう。

フランチャイズで始めるには

フランチャイズという大手企業の下で開業するという方法もあります。異なるところを見ていきましょう。

特定福祉用具販売事業所・福祉用具貸与事業所の開設・設立について

福祉用具貸与とは要介護者に対し、適切な福祉用具の選定援助、使用方法の説明をしレンタルサービスを行うことです。まずは事業の内容と事業所開業の流れを見ていきましょう。

通所リハビリテーションの開設に必要な知識

他介護事業、医療機関などからリハビリテーション事業への参入を考えている方向けの内容です。家で生活出来るよう支援する介護サービスが通所リハです。通所リハの開設についてこちらの記事でご紹介します。

児童発達支援事業所を開業する前に知っておくべきことは?

ここでは、児童発達支援事業について、実際の開業手順や条件、注意事項等を解説します。ぜひ、開業の参考にしていただき、開業準備をスムーズに行っていきましょう。

訪問看護事業の開業・立ち上げの際に知っておきたいポイント

訪問看護事業を開業する際に知っておくべきポイントについてまとめています。訪問看護事業に携わりたいと考えている方はぜひ、この記事を参考にして今後の開業にお役立てください。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の開設についてご紹介

「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」は、要介護者であって認知症である人に家庭的な環境と地域住民の交流を提供すると同時に、排泄や食事等の世話を行なう施設です。

ヘルパーの介護事業開業へのポイントをご紹介!

ここでは、ヘルパー資格で開業する上でのポイントを述べていきます。ぜひ、今後の経営の参考にしてください。

開業に必要なことは、カイポケにお任せください

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。特にはじめての場合は、
「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」 と、不安もいっぱい。

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、
莫大な費用がかかり、 せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、お手伝いします!
無料・有料オプションサービスを含め 幅広いサービスをご用意しております ので、
この機会に、ぜひお問合せくださいね。

福祉用具貸与/販売の開設・設立の先頭に戻る