menu

0120-227-831

左記の番号が繋がらない方

03-4579-8131

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-227-831

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

介護ソフトの料金体系徹底比較!介護ソフトの選び方



介護事業所を立ち上げる際に欠かすことのできないもの、それは「介護ソフト」です。今日の事業所では、介護ソフトはスムーズな事業運営のために大きな手助けとなってくれています。その介護ソフト選びにおいて重要なのが、「介護ソフトっていくらかかるの?」という疑問です。今回は、そんな介護ソフトの料金体系の種類や、料金比較を踏まえ、どのような介護ソフトを選べばいいのかということを紹介します。出来るだけ安い介護ソフトを選びたい、適正価格で介護ソフトを選びたいと思っている介護事業者の皆様は必見です。

介護ソフト料金

目次

介護ソフトの料金体系の違いとは?

一括買取

一括型とは文字通り介護ソフトを導入する際、その費用を一括で支払うことを指します。デメリットとしては、一括で購入することで、初期投資が大きいという点です。

リース契約

ソフトの機能はそのままに料金設定を月額に切り替え、一括型を購入しやすくしたものが「リース契約」と呼ばれる契約方法です。リース契約は、従来の一括購入に比べると、初期投資にかかる一括購入代金をリース会社が負担してくれるため導入しやすいです。事業所側が負担する金額はリース会社に支払う月額料金のみとなるので、一括の費用負担を避けることが可能です。

また、ソフト自体はリース会社の所有物になりますので、事務管理コストも減らすことができます。ただしリース契約の場合、仲介であるリース会社に手数料を支払う必要があるため、最終的な総額費用は一括型よりも高額になります。リース会社との契約期間が終了した後に、続けて同じソフトを利用するためには再度契約を交わす必要があります。

デメリットとしては、リース契約中での解約は違約金がかかってしまう可能性があることです。リース契約は数年単位で契約を交わす場合が多いので、期間縛りのデメリットを考慮した上で、決断する必要があります。

従量課金制

一般に従量課金とは、「サービスを利用した時間に応じて料金が変わる方式」を意味します。介護ソフトにおける従量課金制は「利用者の人数や、介護報酬請求額に応じて利用料金が変わる」ことを意味することが比較的多いです。このような介護ソフトは、利用者人数や介護報酬請求額の少ない事業所設立初期段階にある事業所では、他の料金体系のソフトよりも安く利用できることがほとんどです。

デメリットは、利用者の数が増えることや介護報酬請求額が増加することで、他のソフトに比べると割高になる可能性があります。オープンから、1年後2年後の事業拡大計画と擦り合わせたうえで、従量課金制の介護ソフトを選ぶ必要があります。

月額課金

月額課金は、初期費用はあまりかさみませんが、月額費用が負担となります。利用者・パソコンの台数は関係なく、月額固定料金です。最近の事業所側の流行としては、インストール型よりも安価で導入しやすいクラウド型の導入数が増加していますが、クラウド型のほうが絶対に使いやすいということは一概には言えません。

介護ソフトの料金の比較方法

介護ソフトを選ぶ際、その料金が安いかどうかということを最優先に考えている事業者の方も多くいらっしゃいます。どんな経営者でもできるだけコストを減らしたいと思うことは当然と言えます。

ですが、安さだけに目を奪われていると、安さ相応のサービスであることもしばしば見受けられます。例えばヘルプデスクがあまり充実していないこと、その会社の介護ソフト事業が撤退してしまうことなどです。このような状況に事業所がおかれてしまうと、多かれ少なかれアクシデントが起きてしまうでしょう。

介護ソフトは業務の効率化が目的です。上記のような事態は必ず避けなければなりません。では実際に、どのように介護ソフトの料金を比較すればいいのでしょうか。

パッケージ型(インストール型)か? ASP型(クラウド型)か?

料金体系に大きく差がつく部分として、初期費用のソフトか月額費用のソフトか、という選択が考えられます。つまり、導入しようとしている介護ソフトがパッケージ型か、ASP型かによって料金体系が大きく変動してくるということです。

先述しましたが、パッケージ型の場合は一括購入が多いので、初期費用はかさむ反面、月額費用はかからない(または小額の保守料金のみかかる)というメリットがあります。

反対にASP型の場合、初期費用はあまりかさみませんが、月額費用が負担となります。最近の事業所側の流行としては、パッケージ型(インストール型)よりも安価で導入しやすいASP型(クラウド型)の導入数が増加していますが、ASP型のほうが絶対に使いやすいということは一概には言えません。

こればかりはご自身の事業所の体系や初期投資できる額、サービス運営期間を勘案し柔軟に考えていく必要があります。結果として、パッケージ型のほうが運営コストを抑えられるというケースも少なくないでしょう。

例えば、一括購入費が3,000,000円、年間保守費20,000円のパッケージ型と月額利用料が25,000円のASP型を比較してみましょう。この場合、約11年でパッケージ型のほうが安くなるという結果になります。正確には介護報酬改定は数年毎に行われるので、法改正による更新までの期間や更新料についても考慮する必要があります。

自社にあった料金体系の選び方

月額課金型とインストール型では、「事業所ごとに月額費用でかかる(クラウド型に多い)」や「利用台数ごと(インストール型に多い)」など、費用のかかり方が異なります。初期投資の面では月額課金型のほうが負担を軽減できる場合が多いです。手元資金を大きく減らしたくない、利用者さんがまだ少ないといった新設の事業所からは、月額課金型が人気です。しかし、ご自身の事業所の規模や、事業所数、パソコンの台数などを計算・比較されると、パッケージ型のほうが長期的にはコストがかからない場合もあります。 必要な機能を重視したのちに、比較検討すべきポイントです。

おすすめの介護ソフト

事業所立ち上げの際には、介護ソフト費用・物件費・設備費・人件費といった様々な支出が重なってしまいます。また、サービス提供をおこなった翌月に介護報酬が事業所へ振り込まれるため、資金繰りはかなり厳しいものになることが予測されます。

カイポケには、記録請求・代金回収・従業員の給与計算や勤怠管理・HPやパンフレット作製といった機能も搭載されているため、介護事業所運営に必要なものがソフト1つにつまっています。月額課金であるため、一括で大きなお金が事業所から出ていくことはありません。また、従業員の人数・パソコンの台数・登録利用者人数に関わらず、料金が固定であるため、事業所の成長にもしっかりとついていき、サポートすることが可能です。

おわりに

介護事業所様の多くは、より安定した、よい介護事業所経営のあり方をご検討されていることかと思います。カイポケは、介護に特化した「経営支援サービス」として、保険請求業務だけでなく、ICT化による業務・コスト効率化や利用者獲得、採用・人事管理と、皆様の様々な形で介護経営を支援するサービスをご提供します。これを機会に、ぜひ他のサービスのご利用もご検討ください。


関連記事

介護ソフトの料金体系徹底比較!介護ソフトの選び方の先頭に戻る