訪問看護ステーション等の人員基準とは?

訪問看護ステーション等を開設または運営するには、基準に定められた人数以上のスタッフを確保しなくてはいけません。この基準が『人員に関する基準(人員基準)』です。
この記事では、訪問看護ステーションや医療機関が訪問看護事業所を開設・運営するにあたって求められている人員基準について詳しく説明していますので、ぜひ最後までお読みください。

訪問看護 人員基準

開業に必要なことは、カイポケにお任せください

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。特にはじめての場合は、
「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」 と、不安もいっぱい。

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、
莫大な費用がかかり、 せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、お手伝いします!
無料・有料オプションサービスを含め 幅広いサービスをご用意しております ので、
この機会に、ぜひお問合せくださいね。


目次

訪問看護ステーション等の人員基準とは?

人員基準には、訪問看護ステーション等が適切な訪問看護サービスを提供するために、最低限配置しなくてはいけないスタッフの職種や人数が定められています。
訪問看護では、単独の事業所として運営する『訪問看護ステーション』と『病院又は診療所が訪問看護を行う場合』があり、それぞれに人員基準が定められています。また、サテライト事業所を設置する場合にも人員に関する基準が都道府県等により定められていますので、順に見ていきましょう。

訪問看護ステーションの場合の人員基準

訪問看護ステーションの人員基準は以下のようになっています。

  • サービスの提供にあたる保健師、看護師又は准看護師を常勤換算方法(※)にて2.5名以上配置していること。
  • 上記の保健師、看護師又は准看護師のうち1名は常勤であること。
  • 保健師又は看護師である管理者を1名配置していること。
  • 理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士を実情に応じた適当数配置していること。

この中で、『管理者』は、「管理上、支障がない場合には、当該訪問看護ステーションの他の職務、又は同一敷地内にある他の事業所・施設等の職務に従事することができる。」とされています。
また、『管理者』には、適切なサービス提供を行うために必要な知識・技能を有することが求められます。

病院又は診療所の場合の人員基準

病院又は診療所によって訪問看護が提供される場合の人員基準は以下のようになっています。

  • 訪問看護の提供にあたる保健師、看護師又は准看護師を適当数配置していること。

サテライト事業を設置する場合の人員基準

サテライトとは、その地域でのサービスを確保するために、待機や道具の保管、着替え等を行う(本体とは別に設置する)出張所を指します。サテライト事業所は、本体事業所と共に指定を受けるため、本体事業所と合わせた人員配置が求められますが、その内容は都道府県等の所轄官庁により定められています。
以下のような内容が定められていますが、詳細が異なりますので、事業所の所轄官庁の定める基準を確認しましょう。

  • 主たる事業所及びその出張所全体で看護職員(保健師、看護師又は准看護師)の常勤換算の合計が、2.5名以上の人員配置すること。

常勤換算方法とは?

常勤換算方法とは、常勤職員を1名として数え、非常勤職員を勤務時間に応じて(常勤職員○.○名分として)数える方法です。
常勤換算方法は
『勤務延べ時間数』  『当該事業所の常勤職員の所定労働時間』
で算出します。
そのため、例えば、月の常勤職員の所定労働時間が『176時間』だった場合、

  • 月に88時間の労働時間だった非常勤職員は、常勤換算数が『0.5名』
  • 月に132時間の労働時間だった非常勤職員は、常勤換算数が『0.75名』

と数えます。

訪問看護の人員基準に関する注意点

看護師等の確保が困難

人員配置基準に定められる看護職員の人数を確保することも前提として必要になりますが、利用者へのサービス提供を行うため、24時間対応など事業所の運営方針を実現するためにもスタッフの確保はとても大切なことです。
しかし、看護師等の不足がニュースとなっている現在では、看護師を始め保健師や准看護師といった看護の専門職を確保することが難しい状況となっています。
スタッフを確保するためには、給与などの待遇面、働きやすい労働条件や職場環境、キャリアアップの仕組みなどを構築し、応募が来る事業所、離職が少ない事業所を目指す必要があります。

人件費率が高い

厚生労働省の実施している『令和2年介護事業経営実態調査』の結果によると、訪問看護の人件費率の全国平均は『78.0%』と、とても高い数値になっています。
そのため、事業所の経営において『看護職員を確保すること』、そして『収入と人件費のバランスを取ること』は、とても重要なポイントになっています。

まとめ

今回は、訪問看護の人員基準について説明してきました。
訪問看護ステーション等を経営・運営するにあたり、人員基準は経営者や管理者が把握しておかなくてはいけないことの一つになっています。
また、人員基準を把握した上で、満たすためにどのように看護師等を確保するのかを考える機会になったのではないでしょうか。
ここでご紹介した内容が皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事