menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

介護ソフトのアプリについて紹介します!



訪問系の介護事業所が介護ソフトを使う際、訪問先でもソフトを使うことができれば、特に介護の記録に関する業務を軽減させることができます。
介護ソフトを効率よく利用したい介護事業者に耳寄りな、訪問先でも使える介護ソフトのアプリについて紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

介護ソフトアプリ

目次

介護ソフト「カイポケ」アプリ版について

弊社が運営する介護ソフト「カイポケ」は様々な介護の業種に対応したソフトで、中にはアプリ版の「カイポケ」が用意されている業種もあります。

アプリをタブレット端末やスマートフォンへインストールして介護ソフトを使うことにより、パソコンを前にしての介護の記録に限定されず、事業所内のあらゆる場所で、また、訪問先の利用者宅やちょっとした空き時間に記録の入力作業を行うことが可能となります。

記録を取るためだけに介護事業所へ戻る必要がなくなるため、業務効率が向上するでしょう。

また、タブレット端末などから入力した介護の記録は、リアルタイムで介護事業所の管理者や他の介護スタッフなどの端末と連動します。
そのため、報告・連絡が即座に行うことができるなど、業務がスムーズになります。

訪問介護事業所向けにはスマートフォンへ、居宅介護支援や通所介護、訪問看護、通所リハビリテーション、放課後デイサービス事業所には、タブレット端末へ無料のアプリをインストールして「カイポケ」をお使いになれます。

「カイポケ」のアプリの評判について

「カイポケ」のアプリの評判は大きく2つが挙げられています。

1つは、スマートフォンやタブレット端末にインストールするアプリが無料であること。

もう1つは、居宅介護支援や通所介護、訪問看護、通所リハビリテーション、放課後デイサービス向けに関しては、タブレット端末が1台無料で貸与されることです。

そのため、小規模型の事業所であれば、新たにタブレット端末を購入せず、貸与される端末のみで運用することが可能です。

登録型のヘルパーさんを大勢かかえる訪問介護事業所であっても、アプリは無料で利用できるため、登録数が何人であっても利用料金が加算されることなく、介護事業所の収支にも優しい仕組みとなっている、という声をよく聞きます。

「カイポケ」のスマホ版アプリでできること

「カイポケ」のスマートフォン版アプリは、訪問介護事業所に現在対応しています。

介護サービスの実施記録を入力することはもちろん、リアルタイムで管理者やサービス提供責任者などが確認することができます。
また、そのデータは国保連合会への請求機能と自動連携しますので、集計業務の効率化にもつながるでしょう。
訪問介護サービスを提供する介護事業者の苦労の1つに、ヘルパーさんの勤務シフトの作成や勤怠の管理が挙げられます。

しかし「カイポケ」の勤怠機能で作成した勤務シフトは各ヘルパーさんのスマートフォン内のアプリと自動連携しますので、勤務シフトの配布やその変更なども、即時に伝達することが可能です。

シフト通りに訪問し、介護の記録に合わせて勤務実績を打刻すると、そこから勤務時間の集計やヘルパーの給与計算も行うことができます。
また、訪問介護事業者にとって、訪問忘れは利用者の生命にも影響するミスであり、絶対に生じさせてはならない事態の1つです。

仮にアプリを使用せず紙媒体での記録を行う仕組みであった場合、上記のような作業は非常に時間がかかってしまいます。
例えば介護サービスの実施記録を作成する場合、ヘルパーさんは介護事業所へ一旦戻り、レセプト業務の元となる介護記録を書くことになりますし、その集計作業も手作業で行い、国保連合会へ伝送するための電子データを入力することになります。

利用者宅への訪問時間が夜遅く、ヘルパーさんが介護事業所へ立ち寄り介護の記録を翌日以降にした場合、その記録の確認や共有はリアルタイムで行えず、訪問忘れについても、翌日にならないと気づかないことになるなど、紙媒体の記録作業では、業務効率が上がらないばかりか、事業所としての信用度も落とす可能性が高まってきてしまいます。

「カイポケ」のタブレット版アプリでできること

「カイポケ」のタブレット版アプリでは、対応業種ごとに以下の作業が可能です。

居宅介護支援の場合

居宅介護支援向けのタブレット版アプリは、訪問先においてケアプランの作成や支援経過の作成ができることはもちろん、福祉用具のプラン作成では、あらかじめ福祉用具のカタログをタブレット端末へ保存しておくことで、何冊もの分厚いカタログを持ち歩くことなく、訪問先で適切な福祉用具を提案することができます。

また、利用者ごとに設定したサービス担当者会議やモニタリングの予定をタブレット版アプリへ登録できるので、スケジュール管理も端末1台で可能となるでしょう。

タブレット端末で介護や医療保険の被保険者証を撮影し、保存しておくことができるので、持ち出しによる紛失のリスクも減らすことができます。

外出先においてタブレット端末で行った作業は事業所のパソコンと連動しているため、事業所へ戻ってからの作業はなく、残業時間の削減にもつながるでしょう。

通所介護の場合

通所介護向けのタブレット版アプリは、ケアプランをパソコンから登録し終えた後であれば、その日に利用予定となっている方の一覧がタブレット端末で簡単に確認できます。

また、バイタルチェックや食事量、排泄の有無などの記録も画面をタッチするだけで入力が可能なので、記録時間を短縮することが可能です。

訪問看護の場合

タブレット端末で褥瘡や傷などを撮影して記録することができ、主治医や事業所内の共有に活用することができます。

また、訪問看護では、夜間にも急な呼び出しがありますが、その時、タブレット端末に保存してある利用者情報を確認できるので、即時に訪問することが可能となります。
一度事業所に立ち寄り利用者の情報を確認する手間を省くことができます。

通所リハビリ

通所リハビリ向けのタブレット版アプリは、個別のリハビリメニューの登録や、その実施記録をタブレット端末のみで行うことができます。

また、アセスメントや計画書、モニタリングについてもタブレット端末で確認することができます。
例えば、急なリハビリ担当スタッフの変更の際も、過去の実施記録を容易に確認することができるので、別スタッフも同様のケアを行うことができるでしょう。

放課後デイサービス

サービス利用の有無やおやつの記録が画面タッチだけで記録できるので、忙しいスタッフでも忘れることなくその場で記録を取ることができます。

まとめ

介護事業所が使う介護ソフトには、「カイポケ」が提供しているようなスマートフォンやタブレット版の無償アプリが提供されています。

アプリを使用すれば事業所内に限らず、訪問先でも介護の記録などを行える機能が提供されていて、業務の効率を高めることができます。

また、事業所内や訪問先などで提供する介護の記録をリアルタイムで入力し、また、閲覧できるスマートフォンやタブレット版のアプリは、使い方によって業務効率の向上のみならず、訪問系サービスの場合などの訪問忘れの防止など、リスク管理にも活用できるなどの可能性を持っているといえます。

このような多数のメリットを持ったアプリ付き介護ソフトをご利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

介護ソフトアプリの先頭に戻る