menu

0120-701-654

左記の番号が繋がらない方

03-4589-0708

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-701-654

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

タブレット(ipad)による介護ソフトの導入・活用を考えておられる方へ



タブレット(Android・ipad)に対応した介護ソフトをこれから導入することを検討中、タブレットを使用し事業所の業務効率を改善したいなど、介護現場にタブレットを活用していきたい方は是非この記事をご参考にしてください。

介護ソフトipad

目次

タブレットに対応している介護ソフトとは?

まず、タブレットに対応している介護ソフトはどのような機能に対応しているのか紹介したいと思います。

  • 施設内や利用者宅など場所を問わずリアルタイムで記録が可能。
  • 必要な時にいつでも過去のデータや利用者の情報を閲覧することが可能。
  • タブレットと同じソフトを導入しているパソコンと連携が可能。
  • タブレットで撮影した写真を利用者家族やケアマネージャーへ共有することが可能。
  • パソコンが苦手な方でも使いやすいように、画面やアイコンの表示が大きく分かりやすい工夫がしてあり、操作ガイドをすぐに参照可能。


タブレット端末に対応しているソフトにはこのような機能に対応しています。

また事業所の形態によって最も適した使い方が出来るよう、様々な種類のソフトがあります。詳しくは次項のタブレットを使用するメリットにて触れさせていただきます。

タブレットを使うことのメリットとデメリット

メリット

  • タブレットでは、紙の記録用紙を使用することがないため、整理整頓する時間を省くことが出来ます。よって、余りの時間を他の業務にあてることができます。また、記録用紙代を節約することもできます。
  • 入居者が突然体調を崩した場合など、タブレットがあればすぐに服薬や食事などの記録を確認することができ、原因を探ることができます。
  • 一覧と詳細ページをスムーズに確認できるため、忙しく記録を曖昧にしか把握できないといった現場スタッフのストレスが削減されます。パソコンよりは感覚的に操作が可能です。
  • ケア記録はパソコンに自動転送されるため、転記の手間を省くことができます。
  • 同法人内で正確かつ最新の利用者情報の共有が可能なので、チームケアが実現されやすくなります。
  • タイムカードの打刻から給与計算まで一括で行えるソフトであれば、給与計算にかかる時間が短縮され計算ミスも防ぐことができます。
  • 災害時に短時間で持ち出すことができます。避難が必要になった際に第一に優先したいのが利用者の安全確保ですが、避難生活が長引く場合や、他の施設に分散せざるを得ない状況になった場合、利用者の正確な情報の必要性がより増します。そのためにも記録を気軽に持ち運べることは重要です。


また事業所のサービス形態別に介護ソフトを使用することによるメリットをいくつか挙げたいと思います。

  • 通所介護事業所 では、送迎車でのメンバー組み立ての際、予定のコピー機能があるソフトを使用すれば、組み立てをスムーズに行うことができます。また、登録した利用者の服薬時刻やトイレ誘導時刻等の共有事項を確認しやすいと、うっかり忘れを防止することができます。
  • 訪問介護事業所 では、出先にて訪問内容の記録や実績送信ができるため、わざわざ事務所に戻ってから入力する手間を省くことができます。弊社が提供するカイポケでは、タブレットでなく、スマートフォン用にて無料アプリケーションの提供を行っております。事業所のパソコンと連携することで上記の業務はもちろん、シフト作成機能や給与計算、出退勤管理まで行うことができます。
  • 居宅介護支援事業所では、ケアプラン計画書作成の際、アセスメントの内容や週間計画・利用票等が連動するソフトを使用すれば、利用者ニーズを一目で確認でき、利用者に合った計画書を作成できます。また、過去のデータが蓄積されるので、計画書を複写することにより転記の手間を省くことができます。さらに、ケアプラン用に文例があらかじめ登録されているソフトを使用すれば、よりスムーズに計画書を作成することができます。

デメリット

  • タブレットの使用方法を現場スタッフ全員に覚えてもらうために初めは時間がかかる場合があります。手書きの記録用紙がタブレットでの記録になることに抵抗を感じる介護スタッフが少なからずいるでしょう。そのような方々の理解を頂き、操作に慣れてもらうには多少の時間を要することになります。
  • タブレットは精密機械なので破損してしまわないよう慎重に扱う必要があります。会社によっては故障料金を負担しなければならないケースもあるようです。
  • タブレットのために初期導入費用が必要なソフトを選んだ場合、他ソフトに比べ初期導入費用がかさむことがあります。また、初期費用が無料な場合でも、月額契約を採用しているソフトもあり確認が必要です。
  • タブレットは持ち運ぶことができるので、万が一、落としたり紛失させてしまった場合、情報漏えいの危険性があります。なくさないことが第一ですが、パスワードをしっかり設定するなどセキュリティ対策が必須です。

タブレットの実際の利用場面

介護現場でタブレットを使用する場面はどのようなものがあるのでしょうか。ここでは介護老人福祉施設での利用場面をいくつか例にとって書かせていただきます。弊社が提供するカイポケでは介護老人福祉施設のタブレットは未実装ですが、実際の使用感や便利さをイメージできるのではないかと思います。

朝はまず、夜勤者からの申し送りとともに、タブレットで昨夜の利用者の状態(排泄は何時に何度あったか、夜間に発熱など体調の変化があったかなど)をチェックします。この時、ユニットがいくつかある施設や、フロアによって排泄などの記録用紙を分けている施設も、タブレットであれば一括で状況を確認することができます。

その後、利用者が食事を召し上がった後は食事量をタブレットに入力します。また必要な利用者はバイタルチェックを完了させ、タブレットに入力します。それにより同施設に勤務している医師や看護師もその利用者の状態を知ることができます。医師や看護師が早くに利用者の変化を知ることができると、例えば便秘が続いている方にはどのような薬を処方するかなどの判断を迅速に行うことが出来るようになります。

続いて日中、例えば顔色が悪く、バイタルチェックをすると熱があり下痢便も出ている利用者がいた場合、タブレットで朝の食事量や昨日の排泄の形態、持病の有無を遡ることで、体調不良の原因や対応を専門家に相談することができます。すぐに過去の記録や持病を確認できることは迅速かつ的確な判断をするために大いに役立つのではないでしょうか。

また、介護現場は人間を相手に仕事を行う場であり、利用者やそのご家族の要望も随時変化します、例えば「○月○日は外出予定」「定期的なバイタルチェックが一日に何度も必要な方の記録」「物の置き場所の指定の希望をされた」など、利用者やそのご家族の要望や必要なケアの情報が随時増えていきます。そんな時、メモをとってから記録用紙に転記するのではなく、その場でタブレットに記入していくことにより、記録漏れ防止や全体への共有を確実に行うことができるでしょう。

さらに利用者の入浴時や着替えの際、見たことがない傷が見つかった場合や褥瘡を発見した場合には、カメラ付きのタブレットを使用すれば、すぐに写真を撮影、利用者家族やケアマネージャーや看護師に見せることで、迅速な報告・対応が可能です。

また、カメラ機能は利用者のレクリエーション中の報告にも役立ちます。会話中に良い表情をされている時には、わざわざカメラを取りに行かなくてもタブレットなら生き生きした姿をすぐに撮影することができます。利用者の生活の様子をより具体的に利用者家族に知らせることができれば、スタッフとの信頼関係も強くなっていき、長期的にサービスを利用してもらえるきっかけになるのではないでしょうか。

このように一日を通してタブレットの利用場面は多く、確実な報告・連絡・相談を行うために役立つと考えられます。

タブレットを新規導入する場合の選び方

では、実際に介護ソフトやタブレットを新規導入する際、どのような基準で選べばよいのか、またどのような機能・サポート体制があるとより望ましいのでしょうか。

事業所の規模・サービス形態からどのソフトが適しているかを考える。

介護ソフトには、メーカーのソフトを直接パソコンにインストールして利用する パッケージ型 と、インターネットを経由してアプリケーションなどをメーカーからレンタルし利用する ASP型 があります。

そして、パッケージ型ではタブレットを使用することはできません。パッケージ型はインターネットを介さずにソフトを運用するため、タブレットだけではなくスマートフォンなどのデバイスと連携することができません。ASP型では、インターネットに接続されていて、かつ、ソフト開発会社が提供しているアプリケーションがインストールされているデバイスであれば、パソコンとの情報共有・連携が可能となります。よって、タブレットを利用したいと考えている事業所ではASP型を導入することになります。(例外的に、パッケージ型でもタブレット上で入力したデータを有線等でパソコンへ移すことが可能な場合があります。)

その他、パッケージ型では導入の際、初期費用が大きくなってしまう一方で月額費用は低額となるので、10年など長期的に利用するほど価格メリットを感じることができます。ASP型は、毎月の使用料がかかりますが、初期費用を安価に抑えることができるため、安定した財務状況を実現することができます。

サポート体制の確認

介護ソフトメーカーは各社様々なサポート体制を展開しています。例えば、電話による無料オンラインサポートサービス、記録画面にQ&Aやマニュアルが備えてあるサービスなどです。また、オンラインサポートで解決できないトラブルが発生した場合には、現場に担当者が駆けつけて対応するサービスを提供している会社もあります。無料の体験期間を設けているメーカーもあるので、まずは試用してみることで実際の使用感触をつかむことが出来るでしょう。

デバイスの無料貸し出し

タブレットなどのデバイスを無料貸し出ししているメーカーもあります。弊社が提供しているカイポケでは、サービス種によりiPadなどを無料貸し出しするサービスを行っています。(詳細は各サービス種別ページをご参照下さい。)

より安心・安全にタブレットを導入できるよう、様々なサービスを選択していくことが必要です。

まとめ

以上のように、介護現場でタブレットを有効活用できる場面は多く、メリットもたくさんあると考えられます。しかし、事業所の形態に合わないものを選んでしまうと使用しない機能があったり、逆にストレスに感じてしまう場合があるのでしっかりと比較・検討してから導入する必要があります。

スタッフの残業時間を軽減したい、ミスなく確実に業務を行いたい、利用者のニーズに幅広く応えていきたい、施設全体でもっと連携をとりチームワークを高めたいなど、タブレットを導入する動機は様々あると思います。

この記事が、それぞれの事業所の希望に合った介護ソフトを探し出せるサポートになれば幸いです。

カイポケはタブレットにも対応しています。 こちらよりカイポケのタブレット機能の詳細を見る ことができますので、ぜひご参考にしてください。

関連記事

介護ソフト ipadの先頭に戻る