menu

0120-227-831

左記の番号が繋がらない方

03-4579-8131

通話無料

受付時間:9時〜18時 (土日祝・年末年始・GW休暇は除く)

0120-227-831

お気軽にお電話下さい (平日:9時〜18時)

無料介護セミナー・イベントの開催情報|介護ソフト(システム)ならカイポケ

カイポケ セミナー開催/展示会情報

こちらは介護ソフト「カイポケ」を運営している株式会社エス・エム・エスが開催する介護経営支援セミナーの紹介ページです。
カイポケでは介護事業者様やケアマネ様、介護職員様の様々な悩みに沿ったセミナーを開催しております。ぜひご覧ください。

※一部のセミナーはオンラインにて開催いたします。視聴方法はお申し込み後に別途ご案内いたします。
※各セミナーは開催2日前、もしくは定員に達し次第、お申し込みを締め切りいたします。
※一部再放送のセミナーがございます。
※展示会に来場をご希望の方は、各展示会HPにて来場予約をお願いします。

何をどう改善すればいい?居宅介護支援事業所の今後を見据え
~大変革の中で何を考えるべきか~

内容 2021年6月に実施した「介護フェスタ 2021 Summer」では4,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特にケアマネジャーの皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

ーーーーーーーー
ますます進む医療連携、逓減性の緩和、多様な高齢者の増加、進むICT化など
居宅介護支援を取り巻く環境は非常に大きく変わりつつあります。

ケアプランはAIで作成する、ケアプランが誰でも作るという未来の世界観についての報道も一部で見られます。

・何かツールを使えば解決するのでしょうか?
・事務の方を採用し、業務分担すれば上手くいくのでしょうか?

現状を見つめつつ、何が課題なのかを整理する中で本当に必要な改革を考えてまいります。
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

主催:株式会社エス・エム・エス

講師: 神戸 貴子
N.K.Cナーシングコアコーポレーション合同会社 代表

講師: 田中 紘太
株式会社マロー・サウンズ・カンパニー 代表取締役

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。
※再放送となりますのでご了承ください。

このセミナーを申し込む

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

令和3年度改定の影響と始まった令和6年制度改正への動き
~制度改正後の今、この影響を捉え、必要な行動を考える~

内容 2021年6月に実施した「介護フェスタ 2021 Summer」では4,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特に多くの皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

ーーーーーーーー
すでに財制度審議会では次期改正への検討が始まり
年明けには介護保険部会も制度改正審議が始まります。

この点についての情報を整理しつつ、LIFE、DXを絡めて
介護事業者に必要な対応や行動を考えてみたいと思います。
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

主催:株式会社エス・エム・エス

講師: 小濱 道博
小濱介護経営事務所 代表

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。
※再放送となりますのでご了承ください。

このセミナーを申し込む

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

訪問介護の業務を徹底議論~業務の棚卸し・改善から見えてくる大事な視点~

内容 2021年6月に実施した「介護フェスタ 2021 Summer」では4,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特に訪問介護事業所の皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

ーーーーーーーー
・進むヘルパー職員の高齢化
・ヘルパー不足
・変化するご利用者の多様な要望
訪問介護のニーズは増える一方で「ニーズに十分対応しきれない」というご意見も多く伺います。

どうすればもっと対応していけるのか?人を増やせない中で答えの1つは「生産性をあげ、対応できる数を増やす」ことになります。

・生産性を上げるとは言うものの、何をどうすればいいのか
・業務改善、効率化は分かっているものの、スタッフも高齢化しているし進まない
・忙しすぎて、それどころではない…

今回は、このような状況の改善を目的に「訪問介護」の業務を俯瞰し、どう上手く出来るのかを考えていきたいと思います。
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

主催:株式会社エス・エム・エス

講師: 小林 知久
株式会社イコール 代表取締役

講師: 藤川 一弘
株式会社ながいき 代表

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。
※再放送となりますのでご了承ください。

このセミナーを申し込む

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

訪問看護の業務を徹底議論~業務の棚卸し・改善から見えてくる大事な視点~

内容 2021年6月に実施した「介護フェスタ 2021 Summer」では4,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特に訪問看護ステーションの皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

ーーーーーーーー
訪問看護に求められる本質的な役割は今後ますます多くなってくると想定されます。

機動力と柔軟性を持ち、組織が的確に動いていけるために
業務デザインを行うことは、訪問看護の価値を高めるための必須要件とも言えるのではないでしょうか。

・書類に追われる
・情報共有がうまく行かない
・管理者が常に忙しい

どう改善すればいいのでしょうか?
本セミナーでは訪問看護でよく散見される業務をピックアップし、改善の仕方、そこから見えてくることに光を当てていきます。
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

主催:株式会社エス・エム・エス

講師: 出口 貴大
ビジケア株式会社 経営企画
のぞみ医療株式会社 取締役

講師: 前田 信二郎
株式会社リージョンコネクト

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。
※再放送となりますのでご了承ください。

このセミナーを申し込む

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

「創業期」に把握しておくべき人材採用・人材定着の工夫の実例

内容 先日厚生労働省により公表された「第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数について」において、2025年度には必要な介護職員の数が約32万人足りなくなることが明らかになりました。
また、その差は2025年以降も広がり続ける予測となっています。
そのような状況下において、介護・看護事業所における人材採用及び人材定着は非常に重要なポイントですが、具体的な解決策に関しての情報はまだ多くはありません。
そこで今回、事業の成長フェーズ別に応じた人材採用及び人材定着における課題とその解決策を網羅的にご紹介するWebセミナーを作成いたしました。
無料でご視聴可能なので、ぜひこの機会にご覧ください。
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

主催:株式会社エス・エム・エス

講師: 田中 大悟
株式会社ケアモンスター 代表取締役

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。

このセミナーを申し込む

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

【基礎・基本!アセスメント、ケアマネジメント】
"現場を動かす管理者"がおさえるべきアセスメントのポイントとは?!

【このセミナーは開催終了いたしました。】

内容 「ケアマネジメントの質」については制度改正の度に議論がなされ、非常に注目を集めています。
昨今ではAIによるケアプラン作成も一部で実用化され、品質の向上に向けたケアマネジャーの役割や在り方の議論にまで発展をしています。

ケアマネジメントに関するケアマネジャー皆様からは
・ご利用者の自立支援のためにも、適切なケアマネジメント業務を進めたい、品質を向上させたい
・一方で非常に多くの調整業務や書類業務もあり忙しい
というご意見が多く「品質の向上に取り組む余裕がない・改めて考える機会が持てない」と悩む声も多く頂戴しております。
特に「アセスメント」は教えてもらう機会や議論する場もなく、自己流のままとなり「このままでいいのか?」というお悩みも多くいただきます。

そこで今回は「アセスメント」に特化して、実際にケアマネとして活動されている2名の講師から作成のポイントについて議論を深めていきます。
皆様のアセスメントの方法や慣習と比較していただき、業務を振り返り、日々の業務改善につなげる機会を目指していきます。

<以下の様なお悩みの皆様には必見です>
・アセスメントについてもう一度勉強したい
・アセスメントに苦手意識がある
・部下のケアマネジャーにどう指導したらいいのか分からない
・他のケアマネさんのアセスメント取り方に興味がある
・ケアマネジメントの業務負担を減らしたい
・全体業務を見直したい、もっと良い業務段取りはないか考えたい
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

主催:株式会社エス・エム・エス

講師: 塩川 景子
株式会社オネスト
居宅介護支援事業所バディーズケア
主任介護支援専門員

講師: 渡部 功司
株式会社なないろ 代表取締役社長
主任介護支援専門員
介護福祉士

講師: 古谷 和之
株式会社エス・エム・エス

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。
※再放送となりますのでご了承ください。

このセミナーは開催終了いたしました。

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

【基礎・基本】そんな"営業方法"だから上手くいかない!?利用者増加に向けて行うべき「本質的」な対応・考え方
~〇〇〇に嫌われない"営業"とは?コロナ時代を踏まえた代表・管理者の考えるべきポイント~

【このセミナーは開催終了いたしました。】

内容 売上を拡大させるために営業は欠かせません。
もっと成果を出すために、〇〇〇に嫌われないために営業方法は今のままで大丈夫でしょうか?
今回は営業について、「本質的な視点」と「方法」をコロナ時代を踏まえた対応を含め、ポイントを絞り解説します。

・営業は手段。本当の目的は?
・何が問題なのか?ポイントを可視化
・見えていますか?事業所の価値
・計画と管理の仕方から具体的事例
・Afterコロナで営業はどうする?

※介護事業所を運営に従事している方のみを対象とさせていただきます。
※同業他社、コンサルティング、士業など皆様のご参加はご遠慮いただけますよう、よろしくお願いいたします。
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

主催:株式会社エス・エム・エス

講師: 松野 雄太
株式会社エス・エム・エス

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。
※再放送となりますのでご了承ください。

このセミナーは開催終了いたしました。

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

訪問看護事業所における介護報酬改定後に採用すべき”営業戦略”とは

【このセミナーは開催終了いたしました。】

内容 「介護フェスタ 2021 Summer」では4,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特に訪問看護の皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

1.訪問看護報酬改定内容、Q&Aに関する解説
2.訪問看護事業所におけるサービス提供管理のあり方について検討する
3.報酬改定後に訪問看護事業所で採用すべき営業戦略を検討する
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

主催:株式会社エス・エム・エス

講師: 田中 大悟
株式会社ケアモンスター 代表取締役

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。
※再放送となりますのでご了承ください。

このセミナーは開催終了いたしました。

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

お薬の悩みは薬剤師へ!ケアの質を高めるための服薬管理
〜意外と知らない、薬剤師・居宅療養管理指導の重要性〜

【このセミナーは開催終了いたしました。】

内容 訪問するとお部屋に残薬がいっぱい!飲み忘れたときはどうしたらいいのか・・
在宅介護・看護・医療での、服薬管理にお悩みではないですか?

本セミナーでは、大阪浪速区で地域密着で活躍しておられる薬剤師を講師にお迎えし
居宅療養管理指導の活用についてお話しいただきます。

お薬の管理において、利用者さんへ質の高いケアを行うために
薬剤師の居宅療養管理指導を活用をしてみてはいかがでしょうか?

実際に地元で連携を行っているケアマネジャーも参加し、薬剤師と介護事業所との連携について
具体的な事例を挙げながら、ケアの質の向上についてディスカッションも行います。
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※期間中お好きなタイミングでご視聴いただけるオンデマンド配信です。お一人様ずつお申込みください。

共催:株式会社エース・クリエイト、株式会社エス・エム・エス

講師: 梶谷 親祥
株式会社エース・クリエイト 代表取締役

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。

このセミナーは開催終了いたしました。

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

中国地方で開業を検討されている方、必見
【訪問看護ステーション開業支援セミナー】

【このセミナーは開催終了いたしました。】

内容 コロナウイルス感染症により長期入院患者に対する面会が難しい現在、退院して訪問診療や在宅サービスを受けながら在宅での生活を選ぶ患者が増えてきています。
医療機関においては診療報酬、介護報酬共に在宅での生活を維持するための報酬に重きが置かれており、訪問看護ステーションもその一つであると考えています。
増加する在宅ニーズに対応するため、開業を考えている看護師や、患者をトータルで診療するために訪問看護ステーションの開設を検討している医療機関に向け、 「いつ」「なにをすれば良いか」を説明すると共に、訪問看護ステーション事業の経営実態について実際の事例を踏まえ解説いたします。
参加費 無料
開催情報
【オンライン】※zoom開催のためアプリのダウンロードが必要となります。視聴方法はお申し込み後に別途ご案内いたします。

共催:株式会社ユアーズブレーン 、株式会社エス・エム・エス

講師: 大迫 孝史
株式会社ユアーズブレーン 財務コンサルティング部

※1つのメールアドレスにつき1つの機器(パソコン、スマートフォン等)で視聴可能です。複数の機器で視聴されたい場合は別々にお申込みください。

このセミナーは開催終了いたしました。

お問い合わせは kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp カイポケセミナー事務局まで(平日9:00〜18:00)

過去のセミナー

2018年11月17日 終了しました

2017年4月23日 終了しました

2016年10月27日 終了しました

2015年9月23日 終了しました


【第2弾】【制度改正のその後を考える】4月1日施行後に居宅介護支援事業所が今後考えるべき視点と対策
「介護報酬改定が施行される今、居宅介護支援事業所はこれからどんな対策をすればいいの?」
詳細を開く
4月1日に2021年度介護報酬改定が施行されます。
「感染症や災害への対応力強化」「地域包括ケアシステムの推進」「自立支援・重度化防止の取り組みの推進」「介護人材の確保・介護現場の革新」など
様々な変化対応が求められるなか、具体的に何をすればいいのか?とお悩みの方も多くいらっしゃると思います。

そこで本セミナーでは、2021年度介護報酬改定のポイントではなく、その解釈や影響範囲に焦点を絞って解説いたします。

・厚生労働省の資料、まとめるとどういうこと?
・結局、おさえるべきポイントって何?
・方向性は分かったけど、具体的に何を行うべきなの?
・こういう場合はどう判断すればいいの?
・今、何ができていれば大丈夫なの?

このようなお悩みを解決するヒントのひとつとして、成功している事業所の経営者が考える今後の施策についてもご紹介いたします。

2021年度介護報酬改定が施行される今、「対策として何をすべきか」
今後の経営戦略の策定のヒントとしてぜひご活用ください。
【居宅介護支援事業所向け!】経営黒字化を目指して押さえるべきポイントを紹介
~経営の仕組みを解説!収支プラスに向けて押さえるべきポイントとは?!~※基礎・基本編※
詳細を開く
厚生労働省の「令和元年度介護事業経営概況調査」の結果では、居宅介護支援の収支差率はマイナス0.1%と、全サービス中で唯一のマイナスの結果となります。
事業収支をプラス(黒字)にするには?ご利用者を増やすには?特定事業所加算取得するには?そもそもどんな経営の仕組みになっているか?どこからどう手をつければいいか?
日々、この様なお悩みを経営者の皆様から頂戴します。

そこで今回はテーマを複数ご用意し、居宅介護支援事業所の経営全般における必要なポイントを、段階を踏んでじっくり学べる内容をご準備しました。
第1回目は「経営黒字化」に向けて状況の整理や、経営の仕組みを元に、必要不可欠なポイントを実際に事業所経営する講師が具体的な事例をもとに解説します。
基礎・基本編となります。
・今後独立開業をお考えの方はおさえて頂きたい情報になります。
・創業後の経営者皆様、管理者様・主任ケアマネの皆様は、確認の意味も含めてご参加いただければ幸いです。

【第1回目の主な内容】
・居宅介護支援事業所の経営の骨組み
・売上管理、収支例から紐解く必要なポイント
・ご利用者増加に向けた取り組みできていますか?
・ご利用者の増加に向けた事前準備
・日々の業務はどうするべきか?どうあるべきか?

1回目で経営黒字化に必要なポイントの理解と洗い出しを行い、2回目以降のより具体的な内容への理解に繋がります。
今後の配信予定は下記となります。ぜひ続けてご参加ください。

1回目:「経営黒字化について」⇦※今回※
2回目:「特定事業所加算を算定する際のポイントについて」
3回目:「生産性向上、業務改善について」
4回目:「営業手法・マーケティングについて」
5回目:「採用に向けた戦略・人材定着・育成について」
※各テーマごとの詳細、日程、申込みにつきましては、今後、順を追ってカイポケセミナーWebページにてご案内いたします。お待ちください。
※各テーマ毎、希望の回のみお申し込みいただけます。
全6回!「訪問介護向けセミナー!」
※第2講座※「業務改善を考える」~「ケア記録」「集金管理」の基礎・基本から応用まで~
詳細を開く
訪問介護に特化した限定セミナーを全6回に分けて開催!

東京商工リサーチによる2020年上半期の倒産状況データでは、老人福祉・介護事業の倒産件数は58件。
この件数は、2000年の介護保険の法改正後では最多数です。
中でも訪問介護事業者の割合は高く、31件となっています。
人材の獲得も難しく、業務量が増える中で訪問介護の事業所を存続するためには何をどの様にしたら良いでしょうか。
そこで今回は訪問介護事業所の皆様に特化し、ご要望の多いテーマを複数扱っていきます。


第2テーマは「業務改善!ケア記録~集金管理まで(基礎基本)」
今回は「ケア記録~集金管理」までに内容を絞り、業務工程を改めて整理、棚卸しを行い、業務改善ポイントを検討していきます。


【セミナーでのポイント】
・「ケア記録」「実績処理」「国保連請求」「利用者請求」「給与支払」「未収金管理」の各ステップを今一度、見直します
・どの部分でどのような注意が必要か、どう改善できるか、検討していきます
・業務改善に向けて、役割、仕組み、ICTの3軸から見ていきます

※この様な方におすすめです!
・訪問介護事業を開業・創業する予定のため、改めて業務工程を見直しておきたい皆様
・初めて業務改善に取り組むため、どの部分がどう改善できるか整理したい皆様
・事業所を今後増やすうえで、今一度、業務工程を把握しておきたい皆様
・長い間同じ習慣で業務を行ってきたため、改善ポイントが分からないという皆様

【全体カリキュラム】
第1回:訪問介護の業務改善!依頼の受付~サービス提供まで(基礎基本)
第2回:訪問介護の業務改善!ケア記録~集金管理まで(基礎基本)
第3回:業務改善!ICT化。ここまで簡単になる!効率化手法を公開
第4回:訪問介護の採用と人材定着。セットで考え対策しないから上手くいかない
第5回:訪問介護の制度改正対策。訪問介護はどうなる
第6回:訪問介護の事業経営。加算取得・組織運営・規模拡大
【第3弾】居宅介護支援×制度改正~QAから見える影響と解釈~
詳細を開く
今回の制度改正の内容が多岐に渡り、なかなか追い付けていない…というお悩みを多くいただいております。
また、Q&Aなど情報の更新頻度も高まり、どこから手をつけたらいいのか…という状態の皆様も多いものと存じます。

今回は居宅介護支援に特化し、2021年4月19日までの情報をもとに、今最もおさえるべきポイント、解釈の仕方、取り組み案まで
情報を整理しつつ、一緒に考えていくセミナーをご用意いたしました。

●会社の代表として、居宅介護支援に関する情報はアンテナを高く張って知っておきたい
●管理業務を先回しで対応していくために、最新の情報をつかみたい
●情報がありすぎて、どこから手をつけて良いか分からない
このような皆様はぜひご参加いただければ幸いです。
≪大雨・地震・ウイルス≫事業が機能停止する前に考えませんか?!事業継続ーBCP対策
~危機管理を事前に~
詳細を開く
2021年度制度改正では「業務継続に向けた計画等の策定」が義務付けられました。
事業継続に向けた計画=「BCP」とはどのようなものなのでしょうか?
どのような観点で作成をすればいいのでしょうか?
過去ご好評だった「事業継続計画」についてのセミナーを再放送いたします。

数十年に1度と言われる大雨が毎年のように降り事業所運営に甚大な影響を及ぼしています。
また一定の周期で発生している南海トラフ地震の発生の切迫性が高まっている旨の報道もあります。
更に、新型コロナウイルスの様な新たな感染症が流行する可能性もあります。

過去にないような事業所運営に甚大な影響を及ぼす事柄にどう対策を立てて、事業所を維持すればいいのでしょうか?
その一つがBCP=事業継続計画です。

経営基盤が盤石な企業では以前よりこの必要性が認知され、各社取り組みがされきました。
介護事業者の皆様には必要でしょうか?
緊急事態・危機的状況に至った場合、事業・経営の再建はすぐにできますでしょうか?
今回はBCPについて理解を深め議論をしつつ、考えていく機会とできればと思います。

~当日の内容~
1.BCPとは?事業をスタッフを利用者を守る計画をしていますか?
2.介護事業者は何をどう考えるべきか?知っていますか?大事な視点
3.直ぐにできること、計画的に準備をすることを整理

※この様な方は必見です※
・何かあった場合に甚大な経営影響を受けるとお感じの皆様
・一緒にBCP対策を検討してみたい皆様
【開業支援セミナー】「年間400を超える事業所の開業支援をしてきたカイポケが語る特別セミナー!」
~行うべき事・注意すべき事・考えるべき事とは?1年以内に開業を目指す方向けの限定セミナー~
詳細を開く
*介護で新規開業を検討の皆様、必見!

開業に向けて必要な事柄をポイントを絞り説明いたします。
想定していなかった、知らなかった、考えていなかったでは大変なことに。
ゼロからの立ち上げで何から初めていいか不安な方、開業準備をスタートしたばかりの方に、ぜひ聞いていただきたい内容です。

●【法制度・市場・経営】要点の確認~開業準備前に知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説
●開業準備に必要な時間~何に一番時間がかかる?おおよその時間軸を把握
●おさえるべき代表的な準備~開業に向けた準備は整理、網羅されていますか?対象を把握
●開業に向けて考えるべき大事なポイント~開業はゴールではありません!外せない視点を解説
【基礎・基本!アセスメント、ケアマネジメント】
"現場を動かす管理者"が抑えるべきアセスメントのポイントとは?!
詳細を開く
「ケアマネジメントの質」については制度改正の度に議論がなされ、非常に注目を集めています。
昨今ではAIによるケアプラン作成も一部で実用化され、品質の向上に向けたケアマネジャーの役割や在り方の議論にまで発展をしています。

ケアマネイジメントに関するケアマネジャー皆様からは
・ご利用者の自立支援のためにも、適切なケアマネジメント業務を進めたい、品質を向上させたい
・一方で非常に多くの調整業務や書類業務もあり忙しい
というご意見が多く「品質の向上に取り組む余裕がない・改めて考える機会が持てない」と悩む声も多く頂戴しております。
特に「アセスメント」は教えてもらう機会や議論する場もなく、自己流のままとなり「このままでいいのか?」というお悩みも多くいただきます。

そこで今回は「アセスメント」に特化して、実際にケアマネとして活動されている2名の講師から作成のポイントについて議論を深めていきます。
皆様のアセスメントの方法や慣習と比較していただき、業務を振り返り、日々の業務改善につなげる機会を目指していきます。

<以下の様なお悩みの皆様には必見です>
・アセスメントについてもう一度勉強したい
・アセスメントに苦手意識がある
・部下のケアマネジャーにどう指導したらいいのか分からない
・他のケアマネさんのアセスメント取り方に興味がある
・ケアマネジメントの業務負担を減らしたい
・全体業務を見直したい、もっと良い業務段取りはないか考えたい
【居宅介護支援事業所向け】「提供票送付作業の効率化手法、ケア連携で月10万円のコスト削減に成功した事業所の事例をご紹介!!」
~ケアマネジャーの皆様はどこまでできていますか?!~
詳細を開く
新たな加算、運営基準の追加、無資格者への研修などますます業務が増える中で、
いかに既存業務を簡素化・効率化できるかについてのご相談が増加傾向にあります。
この様な状況を踏まえ「提供表の受渡し」に関して、業務時間を大幅削減できた事例をセミナーでご紹介させていただきます。
毎月の提供表の受渡しについて、以下のようなことが発生していませんか?

・担当分の全てのFAXを毎回手作業で送っている
・FAXがきちんと届いているか不安で、電話で確認もしている
・毎回時間もかかるし、お金もかかっている

今後、業務が間違いなく増える中で、この様な対応を今、見直しませんか?

過去ご好評だった「提供票送付作業の効率化」についてのセミナーを再放送いたします。

ケアマネジャー⇔サービス事業所間の提供票等の受け渡しのためにFAXや郵送で何時間かかっていますでしょうか?
費用換算したら大きな金額にもなります。
この作業に何時間もかける事はもうやめませんか?!
日々忙しいケアマネジャーの皆様にとって時間をどう使うか?捻出するか?は重要な課題です。
提供票送信作業の効率化に成功し、残業時間の削減、ケアマネジャーの勤務環境を充実させ、ケアの質向上を実現している事業所の成功事例をご紹介いたします。
居宅介護支援事業所に携わる皆様には是非ご参加いただきたい内容となります。

▽ポイント
1. こんなお悩みありませんか?~どの業務工数を減らすべきか?業務の整理~
2. サービス事業所への連携~具体例をご紹介~
3. 効率化に向けた実例~誰でもできるケア連携の具体例をご紹介~
4. 効率化前後の時間とコストの比較~具体例をご紹介~

▽こんな皆様必見!!
・提供票送信作業を減らしたい事業所の皆様
・効率化の課題・解決策を知りたい事業所の皆様
・効率化は実現したいが懸念事項が払拭できない事業所の皆様
・コスト効果を知りたい事業所の皆様
「マネジメント研修!心得と視点を学ぶ」~代表・管理者が持つべき本質思考~
詳細を開く
人材不足が深刻化し、収益低下への懸念も大きくなる一方で、成長を続ける事業所の存在もあります。

経営を上手くいくサイクルに乗せるためには、どの様な視点を持つべきでしょうか。
その1つの鍵はマネジメントにあります。
今回は「理論」や「人の心理」に光をあてながら、短時間で「マネジメント」のポイントを解説してまいります。

具体的な方法や施策への落とし込みは各事業所皆様のご判断となりますが、前提となる考え方について、代表・管理者皆様の一助になれば幸いです

※以下の点に関心がある皆様はぜひご参加ください※
・代表は組織をどう捉えるべきか?
・管理者に向けてどんな教育をするべきか?
・管理者は部下に向けてどんな視点を持ち対応するべきか?
・視点や観点のチェックをしてみたい
【基礎・基本】そんな"営業方法"だから上手くいかない!?利用者増加に向けて行うべき「本質的」な対応・考え方
~〇〇〇に嫌われない"営業"とは?コロナ時代を踏まえた代表・管理者の考えるべきポイント~
詳細を開く
売上を拡大させるために営業は欠かせません。
もっと成果を出すために、〇〇〇に嫌われないために営業方法は今のままで大丈夫でしょうか?
今回は営業について、「本質的な視点」と「方法」をコロナ時代を踏まえた対応を含め、ポイントを絞り解説します。

・営業は手段。本当の目的は?
・何が問題なのか?ポイントを可視化
・見えていますか?事業所の価値
・計画と管理の仕方から具体的事例
・Afterコロナで営業はどうする?

※介護事業所を運営に従事している方のみを対象とさせていただきます。
※同業他社、コンサルティング、士業など皆様のご参加はご遠慮いただけますよう、よろしくお願いいたします。
≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫
「1時間で分かる!役員、幹部、中堅マネージャークラスに必須の法的知識・リーガルリテラシー」
~契約・労務・介護事故・訴訟トラブルから身を守る~
詳細を開く
契約・労務・介護事故・訴訟トラブルの4分野から、ポイントとなるべき要素を
東海エリアでの実際の事例も交えながら解説いたします。
これを聞けば、法律の仕組み、トラブルの仕組みが理解でき、部下に対する指導内容やお客様対応が変わってきます。
また、一定の知識を備えることで、被害を最小限に抑えたり、専門家に相談する際のポイントもバッチリになります。

・契約書に必要なポイントを押さえる
・連帯保証とは?民法改正で契約書が無効にならないために。

・残業代請求の時効が伸びました!
・同一労働同一賃金、働き方改革のまとめ。
・外国人雇用に関する大転換

・介護事故に関する損害賠償請求の仕組み。事故を起こすとどうなるのか!?
・施設側の過失が認められやすい事例(東海エリアの事例をご紹介)

・裁判は証拠が命!証拠をしっかり集めよう。
これで業務負担増加も実施指導の心配もなし!安心・簡単 特定事業所加算の取得の方法
詳細を開く
介護事業所が加算を取得するための事務業務を削減&必要なツールを全て提供するサービス「プロサポ!」の代表が『特定事業所加算』の魅力と実地指導対策のポイント紹介!
基礎算定向上が見込めない中で『特定事業所加算』の効率的な加算の取得とは。
また、日本一厳しいと言われる大阪の実地指導を例に、必要な準備について徹底解説いたします。
業務負担の多い加算取得ですが、ICTツールとプロサポ!の力で解決できます。
諦めずに加算取得を目指しましょう!
全6回!「訪問介護向けセミナー!」
※第4講座※~採用問題!採用と定着をセットで考えないと上手くいかない~
詳細を開く
訪問介護に特化した限定セミナーを全6回に分けて開催!

東京商工リサーチによる2020年上半期の倒産状況データでは、老人福祉・介護事業の倒産件数は58件。
この件数は、2000年の介護保険の法改正後では最多数です。
中でも訪問介護事業者の割合は高く、31件となっています。
人材の獲得も難しく、業務量が増える中で訪問介護の事業所を存続するためには何をどの様にしたら良いでしょうか。

そこで今回は訪問介護事業所の皆様に特化し、ご要望の多いテーマを複数扱っていきます。


第4テーマは「採用と人材定着。セットで考え対策しないから上手くいかない」

「案件相談はあるものの、人材不足ゆえに対応できず、売上を拡大できない、案件を選ぶ対応になる…」
訪問介護事業所の皆様、そしてケアマネジャーの皆様からもこのようなご相談が増加傾向にあります。

・人材不足
・求められることの増加
・ヘルパーの高齢化、定年退職  等々
訪問介護事業所の経営の難しさは深刻化している状況とも言われています。

このような状況を踏まえ、関心が高い「採用」そして「定着」に絞り、改めて整理し考え直す機会をご用意いたしました。


【訪問介護セミナーの全体カリキュラム】
第1回:業務改善!依頼の受付~サービス提供まで(基礎基本)
第2回:業務改善!ケア記録~集金管理まで(基礎基本)
第3回:業務改善!訪問介護のICT化。ここまで簡単になる!効率化手法を公開
第4回:採用と人材定着。セットで考え対策しないから上手くいかない
第5回:制度改正対策。訪問介護はどうなる
第6回:事業経営。加算取得・組織運営・規模拡大
「パワハラ」という言葉に惑わされるな!経営者・管理者向け『叱り方』講座
詳細を開く
【研修内容・特徴】
労働施策総合推進法が改正され、中小企業においても令和4年4月1日からパワハラ防止措置を講じることが義務付けられました。
しかし、それに向けて具体的に何をすべきかに戸惑う企業が多いです。

必要な注意指導をしたのに、部下から「それってパワハラですよ!」と言われてしまい、何が正しい指導で、何がパワハラかを理解できず混乱している人が増えています。
その結果、きちんと指導できない経営者・管理者が増えています。

この研修では、労働契約の本質からパワハラとは何かを解説し、管理者が「適切な指導」と「違法な指導」の線引きをしっかりと自分で判断できるように学んでいきましょう。
≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫
売上高10億円を実現するための「やめない社員と資金繰り対策」セミナー
~社長のやりたいことを実現する組織作りと資金繰り対策の事例大公開~
詳細を開く
皆さまの介護事業は安定と成長を実現していますか?
当セミナーのテーマは介護事業の拡大です。
売上高10億に耐えられる組織作りと、資金不足にならないキャッシュフロー対策を目的としています。
全国には、厳しい事業環境においても安定的に成長を続け、社員の採用・定着を図り事業の拡大を実現させている事業所がたくさんございます。
今回は実際の取り組み事例として、講師木村氏の顧問先である
株式会社Kind 代表取締役 中野氏にもご登壇をいただき、人材育成による事業拡大を実現するための血の通ったノウハウをご紹介します。

▽ポイント
1.創業時から始めるキャッシュフロー対策とは
2.売上げ拡大に必要な営業対策とブランド戦略とは
3.離職を防止して社員を成長させている介護事業者の共通点とは
4.スタッフの負担を減らし、業務効率を図るために導入すべきシステムとは

▽こんな皆様必見!!
・小規模事業所から中堅事業所へ事業を拡大させたい経営者様
・創業から始める資金繰り対策を知りたい経営者様
・スタッフの人数が10人を超え組織作りを意識している経営者様
・スタッフの離職に頭を抱えている経営者様
・介護事業の安定と成長のヒントがほしい経営者様
離職を防ぐ事業所内コミュニケーション術とは?
詳細を開く
事業所運営において、大きな課題になることの多い職員の定着。
事業所内でのコミュニケーション手法を変えるだけで、離職率が下がるかも?
組織内のコミュニケーション力向上するための取り組みを実例を交えてご紹介します。
離職率低下について豊富な知見を持つ2社が、明日から使えるコミュニケーション術を伝授します。
【デイサービスの皆さま向け!】日々の業務がなぜ忙しいか明確にできていますか?
業務効率化に必要な具体的な方法や成功事例のご紹介セミナー!
詳細を開く
「日々の業務がなぜ忙しいか明確にできていますか?」
身近なことですが、明確に答えるのは難しいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
業務の効率化を進め、生産性の向上を図るためには、現状の業務の整理や、各業務をどのように削減していくのかを計画的に考えることが重要です。
本セミナーでは、業務の効率化に実際に成功した経営者様をお招きし、業務効率化を進めるうえで具体的に何から始めればよいのか、成功体験を交えながらお話いただきます。

▽ポイント
1. デイサービスの各業務の中で何を見直していけるのか?効率化するべき業務の整理
2. 業務を効率化するために、何をどうしていくのか、具体的な方法をレクチャー
3. 業務を効率化することによって、具体的にどんなメリットが生まれているのか

▽こんな皆様必見!!
・記録や転記作業を減らしたい事業所の皆様
・効率化のために必要な知識・課題・解決策を知りたい事業所の皆様
・コロナウイルスで営業が困難な中、将来に向けて、準備をしたい経営者様
・他社の成功事例を知ることで、自社に取り入れたい経営者様
シフト作成がつらい!記録の管理が大変!給与計算は嫌いだ!定時で帰りたい!
その悩みカイポケ導入で全て解決!訪問介護事業所の成功事例
~今すぐ解決方法を知りたい方へのセミナーです~
詳細を開く
【本セミナーはカイポケをまだご利用されていない方を対象とした訪問介護の皆様向けのセミナーです】

訪問介護の皆様に向けた業務改善セミナーをご用意致しました。
日々の業務にてこの様なお悩みはありませんでしょうか?

・シフト作成についてエクセルや紙、ホワイトボードを使い、転記・修正を繰り返している。それでも漏れが発生する
・記録は紙に記載して、事業所で実績を登録している。ヘルパーの皆様はそのためにも事務所に戻ってきている
・勤怠と給与計算は連動していなく、各計算をしている
・記録を紙に残すことで紛失、探す手間が解消されない。


今回はこの様な訪問介護の皆様に是非おすすめのセミナーとなります。

・カイポケの訪問介護サービスの導入で、どう業務が改善できるのか?
・記録をスマホで打つって高齢スタッフでも出来るのか?
・シフト管理に紙を使わず、簡単に調整ができるものなのか?
・給与計算と勤怠が半自動で連携とは?
この様なご質問に回答して参ります!
大阪にある訪問事業所が、自社の活用実態をもとに業務改善の成功事例をご紹介!

業務の改善、ICT化をすることで、管理者の皆様だけでなく、現場の皆様の業務も楽になります。
皆様の業務をカイポケがどう改善できるのかぜひご確認下さい。
【訪問看護開設】「何を知っておけば良いの?開設前に確認すべきポイント」
~押さえておくべき基礎を60分でおさらい〜
詳細を開く
益々増加する訪問看護ステーションの開設。
退院の増加もあり、訪問看護ステーションの重要性が増しております。
その一方で、経営に関する初歩的な理解がなく、経営に行き詰まり、ご相談をいただくお悩みも増加傾向にあります。
後々の運営のために、経営や黒字化について、今から簡単に押さえておきませんか?
開業検討中の方はもちろん、開業初期の皆様も知識の確認としてぜひご活用ください。

本セミナーでは、開設準備の概要・黒字経営のための押さえるべきポイント等をご説明いたします。
開設までのスケジューリング、売上計画作成、資金繰り、業務設計など準備は出来ていますでしょうか。
訪問看護事業所の開設コンサルティングを手掛けている講師がポイントを絞り解説いたします。
「コロナ時代の事業所経営に欠かせない!クラウド型介護ソフトの選定ポイントとは?」
詳細を開く
令和2年、新型コロナウイルスの感染拡大が多くの事業所に影響を与えています。
そのような中、助成金を活用した資金繰りの改善だけでなく、コロナ時代に即した事業所の運営方法を再検討する経営者様が増えてきています。
具体的な取り組みとして挙がっているのが、在宅勤務や多様化する利用者ニーズに応えるための「ICT化の推進」です。
今回はICT化推進のカギを握るクラウド型介護ソフトについて基本概要から選び方、活用事例まで余すことなくお伝えします。
※カイポケやクラウド型介護ソフトを使ったことがない方向けのセミナーです。

内容
・コロナ時代における事業所の課題
・クラウドソフトとは何か?
・クラウド型介護ソフトが事業所に与える影響~成功事例をもとに~
・クラウド型介護ソフト導入/浸透のポイント
コロナ時代で採用に変化が!?初めてでもできるSNS採用術
コストゼロ採用を続ける介護事業所が教える、求職者から選ばれるための情報発信とは?
詳細を開く
介護業界の有効求人倍率は2020年10月時点で4.04倍まで上昇しております。
人材不足で採用できないとお悩みの介護事業所にお届けする、コロナ時代を切り開く新しい採用術!

今回の講師は、開業からこれまでに、一度も採用費をかけたことがないという、凄腕の採用術をもつ訪問介護経営者。介護系YouTuberとしても積極的に情報発信を行っています。
YouTubeだけでなく、様々なSNSを使って求職者に向けてどう情報発信していくべきか、ノウハウをこっそり教えて頂きます。

採用活動が頭打ちになっている経営者の皆様は是非ご覧ください。
≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫
居宅介護支援のための地域分析と効果的な広報活動の具体策
詳細を開く
東海エリアの事例を主として、お届けいたします。
・地域によってこんなにも異なる!介護需要の推移
・介護需要の将来予測の調べ方
・介護保険事業所(供給)の調べ方   
・医療機関、地域包括支援センターへの広報活動の具体策
・地域への広報活動の具体策
・魅力の示し方と効果的なチラシの作成について
・ドクターに喜ばれる!平時における医療との連携の具体策
「さよなら、赤字!」居宅介護支援事業所の経営を軌道に乗せる3つのコツ
~独立型ケアマネが赤裸々に語る、居宅開業のリアル~
詳細を開く
居宅介護支援事業所の新設開業を目指すケアマネジャー必見!
「もっと理想のケアマネジメントを行いたい・・」
「でも実際のところ、新設開業ってどうなの?」
「どうやって経営をしていくべき?」

独立を考え中のケアマネジャーに向けて、単独型の事業所で独立をした現役ケアマネジャーが講師となり、赤裸々に実体験を語るセミナーです。
自身の開業経験をもとに得た3つの教訓「簡素化・多職種連携・ICT効率化」を中心に、本には載っていない「独立のリアル」をお伝え!
情熱あふれる講師からの、熱い応援メッセージに注目です。

半年以内に独立をご検討のケアマネジャーの皆様は必見です。
≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫
営業利益率を5%上げるための「ICT・システムによる業務効率化」セミナー
~報酬改定の先を行く省人化・業務効率化・収益力強化の事例大公開~
詳細を開く
皆さまの介護事業は適切な利益を残せていますでしょうか?
当セミナーのテーマは介護事業の収益化です。コロナによる売上の減少、報酬改定への対応、人の問題、ぎりぎりの中での介護事業経営。そこからの脱却を目的としています。
全国には、厳しい事業環境においても高い利益率を獲得し現場と経営を両立させている事業所がたくさんございます。
今回は実際の経営改善事例、東海エリアを中心に貴社が業務効率化・収益力強化を実現するためのノウハウをご紹介します。

▽ポイント
1. 利益が残る介護事業者が共通して取り組んでいること
2.介護事業におけるICT・システム活用の成功事例・失敗事例
3. 業務効率化におけるスタッフの巻き込み方と注意点

▽こんな皆様必見!!
・利益が残る介護経営を進めたい経営者様
・スタッフの負担を減らしたい経営者様
・小規模事業所でも真似のできる省人化・業務改善方法を知りたい経営者様
・差別化された介護サービスのヒントがほしい経営者様
デイサービスの強みを活かし保険外で経営基盤を強化
~必要な事業は自分たちで作る攻めの経営〜
詳細を開く
宮城県石巻市でご利用者様の「ありたい暮らし」をモットーに事業経営に成功されている代表理事より
・自社のデイサービスの強みをどう作るか?
・介護の専門性をどう活かしていけばよいか?
・保険外サービスで地域のファンを増やし、中長期的な事業継続をするには?
等をご紹介いたします。
〈以下のお考えの方は必見です!〉
・今後保険外サービスへ力を入れたい方
・潜在顧客の獲得方法を知りたい方
・社内リソースの具体的な分散について知りたい方
「訪問介護事業所における特定事業所加算セミナー」~元愛知県実地指導員が解説~
詳細を開く
内容 訪問介護事業所必見!
元愛知県実地指導員である、株式会社トリニティパートナーズの鈴木氏にご登壇いただき、
特定事業所加算取得における下記のポイントを徹底解説いただきます!

・そもそも特定事業所加算とは?
・元実地指導官から見る、特定事業所加算取得における注意点
・指示と報告(サ責とヘルパーの連携)効率的にできる具体的な方法
【放課後等デイサービス、児童発達支援向けセミナー】≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫
~東海エリアにて開業をお考えの方必見!開業時の基準、及び申請時に注意するポイント!~
詳細を開く
障がい児通所支援事業(放課後等デイサービス、児童発達支援等)の開業サポートを東海エリアで200施設以上立ち上げた講師が解説!
年々厳しくなる開業時の施設基準、人員基準、加算の算定といった様々な部分を知らずして大きなミスになるケースも目立っています。
そこで今回は基本的な抑えるべき内容から、後々を見据え注意したい基準や加算、重要なノウハウをお伝えいたします。

障がい者事業サポート専門の法務事務所 代表である行政書士の日下部氏が講演致します。

こんな方にオススメ!!
1、新たな施設を立ち上げる方・申請時のノウハウをっしっかりと構築したい方
2、開業時に加算算定方法を効率的に行いたい方
3、開業して間もない方も必見!!基礎・基本を確認しつつ、業務運営の効率的な方法もお伝えします(ICT活用など)
4、他事業所の運営情報を聞いてみたい方


セミナー内容
1、施設・人員基準、加算算定等に関する地域ルールの説明(愛知県の見解を中心にお伝えします)
2、開業時に抑えるべき地域の独自ルールについて
3、スタートからこだわる!効率的な業務運営方法とは?
【本格始動】サービス担当者会議のオンライン化!その実現方法を徹底解説します
~実施マニュアル、ツール、実施事例、リスク事項の紹介~
詳細を開く
「コロナ過においてサービス担当者会議の実施に不安がある・・」
「ケアマネ業務の中でもサービス担当者会議の業務負担が大きい・・」
「オンラインでの実施は行政指導上、大丈夫なのか。どうやったらいいかも分からない・・」

このように感じている方はいらっしゃいますでしょうか?

今回は関西でオンラインでのサービス担当者会議の実施を行政と相談し、介護事業所と共に推進を図っている
現役ケアマネジャーが初めての方でもできるオンラインでのサービス担当者会議の実施方法をご紹介します。

オンラインやICTツールには抵抗や不慣れで心配!という方での簡単に進められるように分かりやすくお話しいたします。
この機会にぜひご参加ください!
訪問看護ステーションの持続可能な運営を目指す。訪れる競争環境に備えて必要な要素を整理
~事業計画・採用と定着・理念・他社との差別化~
詳細を開く
12月に実施した「介護フェスタ 2020 Winter」では3,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特に訪問看護ステーションの皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

在宅医療のニーズ拡大を踏まえて訪問看護ステーションの創業件数は近年、増加傾向にある一方で
毎年一定の割合で廃業・休止する事業所、また創業後になかなか黒字化に至らないケースが多くみられます。

ここにはどの様な問題があるのでしょうか。
持続性のあるステーションを運営するにあたり必要な要素を基礎基本から整理し深掘りしていきます。

訪問看護ステーションに従事しつつ、創業企業へのアドバイザリーも務める講師と
訪問看護ステーションへコンサルティングを行う講師を招き対談形式で進行してまいります。

※このような方におすすめです。
・6か月以内に開業をご検討中の方
・開業して6か月以内の方
・運営の基礎基本を学ばれたい方
ICTは何をどうしてくれるのか?効果が出る活用の仕方・導入方法とは?
~カイポケ利用事業所から見る実態~
詳細を開く
12月に実施した「介護フェスタ 2020 Winter」では3,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特にICT化にお悩みの皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

カイポケを使うと「誰の」「どの業務が」「どのように」変わるのでしょうか?

今回は導入をされた各事業所の皆様に、導入のコツ、成功事例、実際にどうお感じになっているか等
を通して、「導入によって得られたこと」等をご紹介いたします。

来年の制度改正を控え、ICT機器の利用や、業務の効率化、生産性の向上が益々注目を集めています。
ただ、導入にはこの様なお悩みも多くいただいております。

●導入しても費用対効果があうのか?
●そこまで費用を出せない
●高齢スタッフへの導入が難しい、
●新しい対応に抵抗感を覚えるスタッフがいる


そこで、今回はカイポケを活用いただき、業務効率化に成功されている事業所の代表の方々をお招きし、
訪問介護、訪問看護、通所介護、居宅介護、それぞれの立場から「何が」「どう変わったのか」「どんな工夫をしているのか」
気になる費用や効果に触れながら、ざっくばらんにお話しいただきます。

※このような方におすすめです。
・制度改正を踏まえ、この機会に検討を開始したい皆様
・検討したいものの、色々懸念事項がありICT導入に踏み切れない皆様
・カイポケ導入でどう変わるのか、ご興味のある皆様
【居宅介護支援事業所向け!】
全5回で学ぶ!居宅介護支援事業所の経営・加算・業務・営業・採用※第3回※
~経営の仕組みを解説!収支プラスに向けて押さえるべきポイントとは?!~
詳細を開く
厚生労働省の「令和元年度介護事業経営概況調査」の結果では、居宅介護支援の収支差率はマイナス0.1%と、全サービス中で唯一のマイナスの結果となります。
事業収支をプラス(黒字)にするには?ご利用者を増やすには?特定事業所加算取得するには?そもそもどんな経営の仕組みになっているか?どこからどう手をつければいいか?
日々、この様なお悩みを経営者の皆様から頂戴します。

そこで今回はテーマを複数ご用意し、居宅介護支援事業所の経営全般における必要なポイントを、段階を踏んでじっくり学べる内容をご準備しました。

第3回目は「業務の生産性の向上・改善」として、必要不可欠なポイントを具体的な事例をもとに解説します。


<以下の様なお悩みの皆様には必見です>
・業務負担を減らしたい
・業務改善はしたいが、新しい事への抵抗があり悩んでいる
・何をどの様に改善すればいいか、いまいち分からない
・改善箇所や手法を見直したい
・コストカットの為、業務改善を考えたい

【第3回目の主な内容】
・生産性・業務改善の必要性
・実際の収支例や改善前後の事例で分かる生産性向上のメリット
・事業所全体で業務を改善する前に持っておくべき思考
・業務分業制の課題と改善策
┗改善対象:指示、記録、報告業務
┗改善対象:提供票の送信業務
┗改善対象:モニタリング・支援経過の実施
・次回「営業手法・マーケティングについて」に向けて

今後の配信予定は下記となります。続けて視聴頂ければ幸いです。経営黒字化に向けた理解が深まります。ぜひ続けてご参加ください。

1回目:「経営黒字化について」
2回目:「特定事業所加算を算定する際のポイントについて」
3回目:「生産性向上、業務改善について」⇦※今回のセミナー※
4回目:「営業手法・マーケティングについて」
5回目:「採用に向けた戦略・人材定着・育成について」
※各テーマごとの詳細、日程、お申し込みにつきましては、今後、順を追ってご案内いたします。
※お申し込みは、1回目~5回目まで、各回別々に受付をいたします。複数ご参加希望の方は各回にそれぞれお申し込みください。
「介護報酬ダウンの時代における「新たなビジネスモデル」成功のポイントとは」
~生き残りをかけて今、介護経営者が着手すべきこと~
詳細を開く
・異業種の取り組みから学ぶ「新規事業」成功の要諦とは
・自社の特徴を活かした「新規事業」の方向性を考える
・新規事業の成功確度を高めるための視座、ポイントとは
・全国の「成功」「チャレンジ」事例から自社に応用できそうなビジネスモデルのヒントを掴む

-高齢者マーケットの未来を予測して、新たな収益事業づくりにファーストランナーとして取り組む関西地区・A社の取り組み事例
-介護保険サービスだけでは実現が難しい「人生の喜び」を提供している首都圏地区B社の取り組み事例
-”要介護2 以下の地域移行問題”を見据え、低報酬下でも成り立つと同時に新たな視点で介護予防にチャレンジしている中四国地区C社の取り組み事例
-エンディング領域のサポートに向けて新たなサービスの開発に取り組んでいる首都圏地区D社の取り組み事例
-“地域密着”のキーワードを深め、未来を見据えた事業の安定構造づくりに取り組んでいるE社の取り組み事例
-隣接領域である障がい福祉領域において、新たな価値創造に取り組んでいる東海地区・F社の取り組み事例 etc
「訪問看護」の業務効率化セミナー!何に注力し、何を削減すると上手くいくのか?
~ICTで業務が大きく変わる?導入事例をもとに徹底解説~
詳細を開く
「記録作業や情報共有に時間がかかり大変。もっと効率よくしたいのに、どう業務を改善すればよいか分からない」という方、必見です。

・まだ、ホワイトボードや紙でシフト管理されていませんか?
・予定の変更と連絡を、写真で撮りラインで送信…など、していませんか?
・サービス提供を紙で記録し、管理者に渡し、実績を転記入力…など、していませんか?
・他のスタッフが訪問する際、過去の情報などの共有漏れが発生していませんか?
・オンコールなど緊急時に、まだ、紙の書類を持って移動されていませんか?
・他の看護師に患部の状態や処置の確認をしたい場合、うまく伝えられないこと、ありませんか?
・急なリモートワークの導入!書類作成やスケジュール確認のため、事業所が密になっていませんか?

こういったお悩みは、ICTやクラウドで解決できます!
●シフト管理をクラウドで
●記録作業をタブレットやスマートフォンで

今の業務を整理し、ICTやクラウドを活用し、より良い事業所運営を目指したい代表や管理者の皆様に、ぜひオススメです。
実際にICT・クラウドの活用されたケースをもとに効果、変化を具体的に解説いたします。
≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫
「地域で活躍する小規模の医療・介護・福祉施設のマーケティング戦略と組織内業務改善とは?」
~ランチェスター戦略と具体的業務改善の取り組み事例から~
詳細を開く
・地域で活躍するために、まず地域特性と自社特性を知る(岐阜/愛知/三重/静岡の地域特性とは)
・組織全体で業務を効率化、意識改革のためのリーダーシップとフォロワーシップ
・取り組み事例から自社に応用できそうなビジネスモデルのヒントを掴む

-競合他社を比較分析し、新たな顧客獲得の「地域分析」をしたデイサービスと訪問リハビリの事例
-地域の人口動態、高齢化の推移、利用されている患者・利用者の統計データなど具体的数値を確認し「地域で求められていくサービス」を予測していく医療法人の事例
-業務改善の大きな要である「ICT化(電子カルテなど)」を職員に徹底した医療法人の事例
-職員のチャレンジ精神を賦活したいと意識改革を進めた放課後デイサービスの2事例
中国エリアの事業者さま限定!
著書多数の有名講師による【医療機関のための在宅介護事業】高品質/高収益事業セミナー
詳細を開く
【中小規模病院、診療所における今後の介護分野リハビリ強化策について】
入院の短期化、コロナによる来院数の減少によって多くの医療機関では収益悪化となり、
その補填として訪問診療の強化、傘下の介護事業所との連携強化や経営改善などの動きが強まっています。

介護事業の強化を行う一方で、「なかなか利用者が増加しない」「売上が伸びない」という問題もあり
介護事業の収益化に関するご相談が増加傾向にあります。
そこで、今回は経営コンサルタントであり、作業療法士でもある講師より、
実際のコンサルティングケースを交え、市場や動向の捉え方、改善の具体策についてお伝えいただきます。

※この様な方は対象です
・岡山、広島など中国エリアで介護事業所(通リハ、通所)を経営している経営者の皆様
・傘下の介護事業所の経営改善に課題意識がある経営者の皆様

≪講師紹介≫
株式会社メディクプランニング 代表取締役 三好 貴之
・専門は病院・介護施設におけるリハビリテーション機能強化による経営戦略立案
・全国多数の病院や介護施設のコンサルティングを実施
・年間2000名を超える医師・看護師・リハビリ職・介護士など病院・介護施設の管理者に対する指導とアドバイスを行う
全6講座!「訪問介護向けセミナー!」
※第5講座※「訪問介護向けセミナー!2021年制度改正を考える」~制度改正の見直し~今後の対策まで~
詳細を開く
訪問介護に特化した限定セミナーを全6回に分けて開催!

東京商工リサーチによる2020年上半期の倒産状況データでは、老人福祉・介護事業の倒産件数は58件。
この件数は、2000年の介護保険の法改正後では最多数です。
中でも訪問介護事業者の割合は高く、31件となっています。
人材の獲得も難しく、業務量が増える中で訪問介護の事業所を存続するためには何をどの様にしたら良いでしょうか。

そこで今回は訪問介護事業所の皆様に特化し、ご要望の多いテーマを複数扱っていきます。


第5テーマは2021年度制度改正で訪問介護はどうなる?!最新情報を整理


【セミナーでのポイント】
2021年度の制度改正に向けて、これまで議論されていた「軽度者への生活援助サービス等を総合事業に移管」が見送りになった事も踏まえ
大きな変化がない制度改正になる旨の報道も一部でありました。

一方で
・介護予防、日常生活支援総合事業(総合事業)の対象者を要介護者にも拡大が決定
・看取り対応を評価する方針
・仕事中のセクハラ、パワハラを踏まえ運営基準を見直す
などの方向性や、
「介護事業所の指定申請・報酬請求の関連書類、押印を全廃」という日々の業務に大きく影響を及ぼす方針も打ち出される等
今後の業務運営に影響する議論が活発になりつつあります。

訪問介護に影響する最新の情報を整理しつつ、今後の動向や対策を考えていきます。

【訪問介護セミナーの全体カリキュラム】
第1回:業務改善!依頼の受付~サービス提供まで(基礎基本)
第2回:業務改善!ケア記録~集金管理まで(基礎基本)
第3回:業務改善!訪問介護のICT化。ここまで簡単になる!効率化手法を公開
第4回:採用と人材定着。セットで考え対策しないから上手くいかない
第5回:制度改正対策。訪問介護はどうなる
第6回:事業経営。加算取得・組織運営・規模拡大
2021年度制度改正で訪問看護ステーションはどうなる?!最新情報を整理&解説
詳細を開く
2021年4月に迫る制度改正に向けて議論がされる中で、訪問看護ステーションについても様々な意見や方針が示されています。
事業運営に大きく影響を及ぼす制度改正の行方を早期に把握し、対策することは何よりも大事な業務となります。
・リハ職が多い訪問看護、経過期間を挟んで廃止
・看護体制強化加算の見直し
など様々な議論がなされています。
また「介護事業所の指定申請・報酬請求の関連書類、押印を全廃」という日々の業務に大きく影響を及ぼす方針も打ち出される等
今後の業務運営に影響する議論が活発になりつつあります。

これまでの議論を整理しつつ、今後必要な対策等を考えていきます。
「訪問介護の売上拡大・営業はどうするべき?!基礎基本から応用まで」
~その営業方法で大丈夫ですか?!~
詳細を開く
7月7日に公表された2020年上半期「老人福祉・介護事業」の倒産数は過去最多となり、中でも訪問介護は最大を占める結果に。
原因別では、最多が「販売不振」が最大となり次いで「事業上の失敗」となりますが、設立別規模別では5年未満・5人未満と小規模事業者の皆様に大きな影響が出ている結果ともなります。

どの様に売上を上げるか?営業をするか?今までの方法で通用するのか?多くのご相談をいただきます。
この様な状況を踏まえて訪問介護に特化したセミナーを実施いたします。

~当日の内容~
1.基礎基本!売上の構成要素とは?分解から見えてくる数値理解
2.こんな事をしていませんか?本質を考える
3.理想は何か?そのために何をどうする?
4.ケアマネジャーはどう思っている?!評価する訪問介護事業所とは~独立型居宅のケアマネジャーの見解
5.実例を元に考える
「デイサービスが変わらなければならない!?今後、ADL維持等加算は強化される!?
自立支援の中で見えてきたこと」
詳細を開く
内容 2018年度の制度改正で創設されたADL維持等加算の申請数は全体の数%に留まるなど、多くの事業者で導入に至っていません。
一方で来年度の制度改正に向けた議論では、ADL維持等加算や自立支援に向けたニーズを強く求める論調となりつつあります。
この様な状況を踏まえて「デイサービス」の「自立支援」や「アウトカム」について今一度考えてまいります。

~当日の内容~
1.デイサービスに求められる変化とは?どの様な役割か?
2.自立支援とは?!効果を出せるのか?効果とは?何をどうすればいいのか
3.自立支援対策、ADL維持等加算に対応しなくても問題ない?!デイサービスの生き残りに向けて
4.コロナ禍を踏まえてサービス価値の再定義が必要?

※この様な方は必見です※
・レスパイト重視をしてきたデイサービスの皆様
・デイサービスの価値について再検討されたい皆様
・自立支援にお悩みの皆様
カイポケ導入事例から学ぶ「ICT化」どの業務がどう変わる?!ICT対応の訪問看護ステーションとは?!
~費用対効果・コスト・活用方法を事例をもとに解説~
詳細を開く
コロナ禍で出社せず業務を進行させる事業所が増える等、介護業界でも大きな変化が起こり、改めて業務の改善。
ICT化のニーズが増加しつつあります。

一方で

・本当に使い使いこなせるだろうか?これまでの方法がある
・ICTって高いのではないか?初期費用や投資対効果があうのか疑問
・一体何の業務がどう変わるのか?どう便利になるのかイメージできない

というお声を訪問看護ステーションの経営者・管理者の皆様から多くいただきます。
この様な疑問にお応えしていきます!

ICT導入・活用を進め、コンサルティングも手掛ける宮城県仙台市の訪問看護ステーションの代表より
実際の事例やメリット・デメリットなど解説します!

≪カイポケを利用したICT化の実例公開となります≫
デイサービスの変化対応。施設・人材の集客サイト「福ひろば」の運営から見えてきたご利用者・ケアマネジャーの変化とは?
~選ばれる・選ばれない理由には必然性が存在~
詳細を開く
コロナ・多様化するご利用者ニーズ・ケアマネジャー皆様の業務の増大化など
デイサービスの経営にどの様な影響を及ぼすのでしょうか?

福島県郡山市でエリアに特化した介護総合ポータルサイト「福ひろば」を運営する代表より
・介護総合ポータルサイト「福ひろば」の運営から見えてきたご利用者の「選び方」の変化
・ケアマネジャー皆様の利用が増大?!なぜ利用するのか?何を見て事業所を判断しているのか
などご紹介!
さらに、コロナで見えてきたデイサービスの在り方・ICTへの向き合い方・業務改善方法についても
ご紹介します。

≪以下の様にお感じの経営者・管理者の皆様は必見です!≫

●ケアマネジャーの皆様はどの様な事業所を評価しているのだろうか
●ご利用者に選ばれる事業所とは何だろうか?
●業務の改善とは、何をどうするべきだろうか?
【訪問介護事業所向け】「特定事業所加算の取得や運用のお悩みを解決!取り入れない事業所は損をしている!」
~事業所全体で学べる!導入事例から見えてきたこと!~
詳細を開く
基本報酬の低下、人件費の上昇、競争環境の激化など介護経営は難しくなる状況が続いております。
この様な状況で、収益に大きく影響する加算に注目が集まっています。
訪問介護では「特定事業所加算」があります。
所定の単位数に最大20%加算となります。
取得するため、各要件をどう満たし、どう運用していくか、訪問介護事業所の成功事例をもとに解説いたします。
訪問介護事業所に携わる皆様には是非ご参加いただきたい内容となります。

▽ポイント
1. 取得のメリット~取得後の事業所収入、職場環境の改善、利用者満足度UP等、成功事例をご紹介~
2. 取得への懸念事項の整理~要件のおさらいも合わせた具体例をご紹介~
3. 懸念事項の払拭~解決策を成功事例と合わせてご紹介~
4. 取得に向けた社内整備・取得後に向けた社内運用~成功事例をご紹介~

▽こんな皆様必見!!
・これから事業所加算取得をお考えの経営者の皆様
・取得検討はしているが懸念事項がある経営者・管理者の皆様
・取得済だが、取得後の負担を抑えたいサ責の皆様
・取得による業務工数を抑えたい・業務効率化の方法、成功事例を知りたいヘルパーの皆様
【実例】就任から1年半で離職率63%の組織が離職率3%の組織に生まれ変わるプロセスにおいて大切にした「たった一つの基本」とは?
~実体験に基づき、お話しします~
詳細を開く
実体験をもとに業務改善のヒントを探るセミナー企画。
地域の介護事業所連絡会 元会長であり、一般社団法人福祉人財協会 会長が実体験をもとに、「人材定着・離職防止」に向けた「どうしたらいいか?」を解説いたします。

その中で行われた施策とは?どんな考えで、どの様な行動をしたのか?
その効果がさらに質の高いサービスへと結びつき、結果どうなったか。

「人材定着率の大幅改善」「営業利益月額40万円の赤字事業所が2ヶ月後から黒字に」「営業利益月額70万円の赤字から月額140万円の黒字に」「慎重且つ迅速な事業拡大」「9名の常勤の内、6名の集団退職を切りぬける」「常勤全員を含む職員3/4の退職を乗り切る」「居宅介護支援事業所開業2ヶ月目から黒字経営に」など、数々の事業支援実績を持つ講師が成功例の中から今回は、人材定着について手法を語ります。

来年4月の2021年度制度改正前に、出来る改善を今進めたい皆様、必見です!

※この様な皆様には特におすすめです!
・業務の改善がなかなかできていなく、何から手をつけていいのか分からない
・今は1事業所だがこれから拡大をしていきたい。そこに向けて問題となるような事は事前に把握しておきたい
・2-3カ月先に創業をされる皆様(転ばぬ先の杖として、本セミナーを是非ご利用ください)
デイサービスの業務はもっと楽しくなる!業務の工夫と見直しから生まれるメリットをご紹介!
~業務改善・効率化・ICT活用~
詳細を開く
出勤後の送迎から連絡帳の作成までデイサービスの1日は非常に忙しいと言われます。
来年の制度改正を踏まえ、自立支援対策や総合事業への対応要望など新規に求められていく業務が増えていくという報道もあります。

どの様にしたら業務を改善できるのでしょうか?
どう工夫したら、本来行いたい業務にもっと時間を活用できるのでしょうか?
経営者は経営、管理者は管理業務に集中できるのでしょうか?
デイサービスの業務改善に特化して考えていきます。
≪徹底議論!≫居宅介護支援事業所の経営はどうすればいい?
さらに居宅とサービス事業所は相互にどんな関係を構築するべきか?!
詳細を開く
ケアマネジャー20人を超える事業所に成長された居宅介護支援事業所「なないろ」様をお招きし、皆様から頂いたご質問について議論を深めていきます。 その中でも特に「売上」「採用」「営業」についてフォーカスして答えを探ってまいります。
居宅介護支援事業所の皆様、サービス事業所の皆様に是非お聞きいただければ幸いです!

≪第1部≫居宅介護支援事業所の経営、どうする・・どうなる・・~サービス事業所の皆様も必見~
1.どうやったら黒字化をできますか?
2.人材をどう集めればいいですか?どの様にして20名以上の組織になったのでしょうか?
3.ケアマネジャーに今後何が求められるのでしょうか?

≪第2部≫サービス事業所と居宅介護支援事業所はどんな関係を構築すればいい?!~居宅介護支援事業所の皆様も必見~
1.営業をどうすればいいのでしょうか?どう評価されていますか?
2.居宅介護支援事業所とサービス事業所の関係はどうあるべきでしょうか?
2021年度制度改正で居宅介護支援事業所はどうなる?!最新情報を整理&解説
詳細を開く
2021年4月に迫る制度改正に向けて議論がされる中で、居宅介護支援事業所についても様々な意見や方針が示されています。
事業運営に大きく影響を及ぼす制度改正の行方を早期に把握し、対策することは何よりも大事な業務となります。
・基本報酬等の見直し、処遇改善の必要性
・介護支援専門員(常勤換算)1人当たり40件を超えた場合の逓減制の緩和
・特定事業所加算の見直し、重度者要件の緩和
など様々な議論がなされています。
また「介護事業所の指定申請・報酬請求の関連書類、押印を全廃」という日々の業務に大きく影響を及ぼす方針も打ち出される等
今後の業務運営に影響する議論が活発になりつつあります。

これまでの議論を整理しつつ、今後必要な対策等を考えていきます。
介護のシゴトを楽しむための魅力の伝え方
詳細を開く
「介護の仕事に必要なことって、なんだろう?」 「今後、どういう事を見据えて働くといいだろう?」 「というか、介護の仕事ってなんだろう?」
現場で働き続けることの意味や、 “介護”という仕事の 可能性を考える機会をお届けいたします。


▼セミナーのアジェンダ

1.介護の仕事を改めて考える

2.介護の専門性に必要なこととは

3.介護×○○


▼この様な方々必見

・介護の仕事のやりがいや楽しさを再発見したい現場スタッフ

・仕事にポジティブなチーム作りをしたい管理者

・職員の働きがいを向上し定着率を上げたい経営者
2021年度制度改正で通所介護事業所はどうなる?!最新情報を整理&解説
詳細を開く
2021年4月に迫る制度改正に向けて議論がされる中で、通所介護事業所についても様々な意見や方針が示されています。
事業運営に大きく影響を及ぼす制度改正の行方を早期に把握し、対策することは何よりも大事な業務となります。
・ADL維持等加算の要件の緩和
・生活機能向上連携加算の見直しや、個別機能訓練加算(Ⅰ)(Ⅱ)の統合
・地域等との連携の創設
など様々な議論がなされています。
また「介護事業所の指定申請・報酬請求の関連書類、押印を全廃」という日々の業務に大きく影響を及ぼす方針も打ち出される等
今後の業務運営に影響する議論が活発になりつつあります。

これまでの議論を整理しつつ、今後必要な対策等を考えていきます。
【児発・放デイ事業者必見】職員の定着率向上のために考えるべきこと
詳細を開く
児発・放デイの経営上の大きな課題として「人材採用・育成」を上げる経営者が多数いらっしゃいます。
児発・放デイでの職員向けアンケートのデータなどの実データを元に、人手不足で倒産する事業所がある時代において、離職を防ぐための取り組みを一緒に考えていきましょう。

▼セミナーのアジェンダ
1.人材育成・定着に関する課題を有している法人の現状
2.職員のモチベーション低下の構造と要因
3.人が成長し、定着する職場にするためにすべきこと

▼この様な方々必見
・「職員の育成及び定着がうまくいかない」とお悩みの経営者様/管理者様
・「より従業員満足度を向上させていきたい」とお考えの経営者様/管理者様
・今後、独立開業を考えていて、人材育成・定着に関する学びを得たい方
居宅介護支援事業所に求められる変化。司令塔として機能し続けるために
~在宅医療・看取り・自立支援・収益性~
詳細を開く
12月に実施した「介護フェスタ 2020 Winter」では3,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特に居宅介護支援事業所の皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

令和2年度の介護事業経営実態調査の結果では、居宅介護支援事業所はー1.6%となり
昨年度よりも経営状態の悪化が示されました。
( https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000689780.pdf)

居宅介護支援事業所の経営が非常に難しくなる中で「在宅医療」「看取り」への対応ニーズ
そして「自立支援」など益々求められることが多く、居宅介護支援事業所はどの様に乗り越えるべきでしょうか。

・変化する環境を捉え社内組織をどう戦える状態に改善するか
・社外とどう関係構築し、司令塔として機能するか
・収益性を出し続けるために、どう変わるべきか

居宅介護支援事業所を取り巻く環境を整理しつつ、インタビューを通して問題を整理していきます。
訪問介護の限界点を超える。地域で、医療も担える新しく・本質的な”訪問介護”を目指して
~常勤12名・正社員で動く組織~
詳細を開く
12月に実施した「介護フェスタ 2020 Winter」では3,000人を超える代表・管理者の皆様にご参加いただきました。
その中でも特に訪問介護事業所の皆様にご好評をいただいたセミナーの再放送が決定いたしました。

2020年10月22日の社保審・介護給付費分科会では今後益々増加する「看取り」を踏まえ、
対応する訪問介護事業所向けに加算を創設し、評価する方向性で調整を進めています。

在宅医療の増加・後期高齢者の増加を受け、訪問介護に求められる役割が増加傾向にある
一方で人材不足は解消されずより難しい状況にあります。

・地域で感じる変化
・どう変わることで、ニーズを、ご利用者を支援し続けられるのか
・事業継続性のためにも必要なこととは?

訪問介護に求められる今後の変化について、対談形式で議論を深めます。
【放課後等デイサービス、児童発達支援向けセミナー】
≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫
実施指導等の傾向を解説~地域ごとの加算の見解理解していますか?既に事業所を運営されている方必見のセミナー
詳細を開く
「実施指導や監査が来るのが怖い・・・」
「適正な運営ができているか不安・・・」
「加算を算定しているが基準を満たしているかわからない・・・」
このように考える方は多いのではないでしょうか?

今回は東海エリアで100以上の障がい児通所支援事業所を顧問先として支援している行政書士の日下部氏が
最新の加算・実施指導等の情報をもとに対策が必要なポイントをご説明します。
当日は東海エリア(愛知県庁の事例を参考)の最新事例も一緒にお伝えします。

地域や担当者によって変わる見解!そのような部分の情報も分かりやすくお話しいたします。この機会にぜひご参加ください!

こんな方にオススメ!!
1、放課後等デイサービス、児童発達支援の実施指導・監査の対策ができていない方
2、地域ごとの正確な人員配置、及び加算の基準を知りたい方
3、加算を効率的に算定する方法を知りたい方

セミナー内容
1、実施指導等で注意すべき重要なポイント!~東海エリアはどうなっている?
2、加算は効率的に!効率的に算定する方法とは?
3、適正な運営行うためのICT活用がどう活きるのか?具体例を解説
全6講座!「訪問介護向けセミナー!」
※第1講座※「業務改善を考える」~「予実管理」「実績管理」の基礎・基本から応用まで~
詳細を開く
訪問介護に特化した限定セミナーを全6回に分けて開催!

東京商工リサーチによる2020年上半期の倒産状況データでは、老人福祉・介護事業の倒産件数は58件。
この件数は、2000年の介護保険の法改正後では最多数です。
中でも訪問介護事業者の割合は高く、31件となっています。
人材の獲得も難しく、業務量が増える中で訪問介護の事業所を存続するためには何をどの様にしたら良いでしょうか。

そこで今回は訪問介護事業所の皆様に特化し、ご要望の多いテーマを複数扱っていきます。


第1テーマは「業務改善!依頼の受付~サービス提供まで(基礎基本)」
今回は「依頼の受付~サービス提供」までに内容を絞り、業務工程を改めて整理、棚卸しを行い、業務改善ポイントを検討していきます。


【セミナーでのポイント】
・『依頼受付~予定調整』(事務・サ責領域)までと、『サービス提供』(サ責から介護員への伝達)の工程を再度見直していきます
・どの部分でどの様な注意が必要か、どう改善できるか、検討していきます
・業務改善に向けて役割、仕組み、ICTの3軸から見ていきます

※この様な方にはおすすめです!
・訪問介護事業を開業、創業する予定であるため、改めて業務工程を見直しておきたい皆様
・これまで業務改善をしてこなかった。どの部分がどう改善できるか整理したい皆様
・事業所を今後増やしていく上で、今一度業務を工程を確認しておきたい皆様
・古い慣習やこれまでの方法だけで業務をしてきたため、業務改善ポイントが分からない皆様

【全体カリキュラム】
第1回:訪問介護の業務改善!依頼の受付~サービス提供まで(基礎基本)
第2回:訪問介護の業務改善!ケア記録~集金管理まで(基礎基本)
第3回:業務改善!ICT化。ここまで簡単になる!効率化手法を公開
第4回:訪問介護の採用と人材定着。セットで考え対策しないから上手くいかない
第5回:訪問介護の制度改正対策。訪問介護はどうなる
第6回:訪問介護の事業経営。加算取得・組織運営・規模拡大
≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫
明日からすぐ実践!
~地方エリアにおける訪問看護最短黒字化戦略のコツ~
詳細を開く
訪問看護を立上げ後、スタッフが続かない・集まらない、新規が来ない、営業の仕方が分からない、などの理由で中々黒字化しないステーションが非常に多く、全国のステーションの70%近くが3年以内に、廃業や休止に追い込まれてしまっています。

地域包括ケアの中枢を担う訪問看護ステーションとしての地方戦略、ならびに明日からでもすぐ実践・改善できるマネジメントのノウハウをお届けします。

・地方(東海)エリアにおける最短黒字化戦略
・スタッフのマネジメント
・ICT化の重要性

三重県四日市において、異業種から参入し、創業からわずか3年間で売上高を30倍にまで
伸ばされた株式会社PlanB 代表 浜中俊哉氏にご登壇いただき、その秘訣をお話しいただきます。



【カイポケセミナー事務局】
E-mail:kaipoke-seminar@bm-sms.co.jp

介護セミナー・イベントの先頭に戻る